色に関する基礎知識

デバイスインディペンデントカラーとはどういうものか 簡単な説明

投稿日:2017年5月30日 更新日:

 カラーマネジメントシステムでは、デバイスインディペンデントカラーで色を受け渡しします。
 そう言われても、デバイスインディペンデントカラーデバイスディペンデントカラーの違いが分かりにくいかもしれません。

 ここでは、デバイスインディペンデントカラーデバイスディペンデントカラーの違いを、ごく簡単にご説明します。

「色」だと分かりにくいので、「大きさ」に例えてみる

デバイスディペンデントカラー「RGB」「CMYK」 大きさ「手のひらサイズ」

 機器に依存する色であるデバイスディペンデントカラーの「RGB」は、同じRGB値でもディスプレイが変われば色も変わります。

 機器に依存する色であるデバイスディペンデントカラーの「CMYK」は、同じCMYK値でもプリンターが変われば色も変わります。

 人の手の大きさに依存する表現の「手のひらサイズ」は、同じ「手のひらサイズ」でも人が変われば大きさも変わります。
 手が大きい人も小さい人もいるためです。

デバイスインディペンデントカラー「L*a*b*」 大きさ「10cm×15cm」

 機器に依存しない色であるデバイスインディペンデントカラーの「L*a*b*」は、ディスプレイが変わっても表示されている色が同じL*a*b*値であれば、同じ色です。

 機器に依存しない色であるデバイスインディペンデントカラーの「L*a*b*」は、プリンターが変わっても出力結果の色が同じL*a*b*値であれば、同じ色です。

 人の手の大きさに依存しない表現である「cm」は、同じ「10cm×15cm」なら人が変わっても同じ大きさです。

 以上、デバイスインディペンデントカラーデバイスディペンデントカラーの違いを、ごく簡単にご説明しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できないフォトレタッチのご相談をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントの本

写真スキャニングサービス

 写真スキャニングサービスの大手「節目写真館」でキャンペーン実施中とのことです。

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-色に関する基礎知識
-, , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.