一般的な写真撮影

ネガフィルムに書いてある デーライトタイプ・デーライト用 とはどういう意味か

2017年9月1日

FUJIFILM カラーネガフイルム フジカラー SUPERIA X-TRA 400 24枚撮り 3本パック 135 SP400X-R 24EX 3SB

 フィルムカメラで使うネガフィルム等を買うとき、パッケージに「デーライトタイプ」と書いてあります。
 デーライトタイプがあるなら別のタイプもあると思われるので、不安になることもあるでしょう。

 ここでは、フィルムに書かれたデーライトタイプ、デーライト用の意味を大まかにご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

デーライトタイプというのは昼間の屋外の光で撮影すると丁度良い色になるタイプのフィルム

 フィルムに「デーライトタイプ」「デーライト用」と書いてあれば、昼間の屋外の光で撮影すると丁度良い色に撮影できるフィルムだということです。

人が目で見ると、白いものが白く感じられるように調節されて見える

 朝、昼、夕方で外の光の色は少し違います。
 自分の事務所と隣の事務所の部屋の照明の色も少し違います。

 しかし、人の視覚は、少しくらい光の色が違ってもその場所にしばらくいれば白いものはほぼ白く感じられるような仕組みになっています。
 そのため、少しくらい光の色が違っても、同じものはある程度同じような色に見えます。

 ただし、昼間の太陽の下と真っ赤な夕日の下など、かなり光の色が異なる場合は、さすがに違う色に見えます。

デジカメはホワイトバランスの機能でカメラが色を調節する

 カメラで撮影するときも、人の視覚の仕組みを真似る必要があります。人の視覚の仕組みを真似て撮影すると、人が目で見たときと似た感じに撮影できます。

 デジカメの場合、ホワイトバランスという機能がついています。

 カメラは、ホワイトバランスの機能によって白いものがほぼ白く記録されるように調節して撮影しています。

 そのため、デジカメで上手に撮影すれば、ホワイトバランスの機能によって人が目で見たときと似た感じに撮影できます。

 ただし、真っ赤な夕日の下など、人の目には白いものもオレンジっぽく見えるような状況でホワイトバランスを無理やり効かせると、人が目で見たときと違う感じに撮影されてしまいます。

フィルムカメラはホワイトバランスがないので、フィルムで色を調節する

 フィルムカメラで撮影するときも、人が目で見たときと似た感じに撮影するためには人の視覚の仕組みを真似る必要があります。

 フィルムカメラの場合、デジカメのホワイトバランスのようにデジタル処理で色を調節することができません。
 そこで、フィルムで色を調節します。

 例えば、日中の太陽光の下で撮影したときに人が目で見た状態と似た感じに記録されるよう、記録のされ方を調節したフィルムを作って使います。

 その結果、日中の太陽光の下で撮影すれば人が目で見たときと似た感じに撮影できます。

日中の太陽光の下で撮影したとき丁度良く撮影できるのがデーライトタイプのフィルム

 おおまかに言うと、日中の太陽光の下で撮影したときに丁度良い色に撮影できるフィルムがデーライトタイプのフィルムです。

 朝でも午後遅めでも、外の色はある程度日中の太陽光に似ているので、デーライトタイプを使えば済みます。

もっと細かく色を調整するにはフィルターも使う

 ただデーライトタイプのフィルムを使って撮影しただけだと、ある程度は丁度良い色に撮影できますが、それでも少しは色かぶりしたりします。

 デジカメで丁度良いホワイトバランスで撮影して、さらに写真編集ソフトで色かぶりをできる限りなくした写真などに比べれば、フィルムで単純に撮影した写真は色かぶりしています。

 フィルムで撮影するときに、フィルムまかせでなくさらに色を調整したいときは、カメラ用のフィルターを使います。

蛍光灯など、太陽光とかなり質の違う光のときもフィルターで調整できる

 フィルムカメラはフィルムで色を調節すると言っても、色々な光源用にいくつもフィルムが売られているわけではありません。
 プロでない人がコンパクトカメラで使うネガフィルムの場合、ほとんどデーライトタイプしかありません。

 そこで、デーライトタイプで対応できない蛍光灯などの照明でもデジカメで撮影したときと同じくらい好ましい色で撮影したい場合は、カメラ用のフィルターを使います。

 ただし、コンパクトフィルムカメラはたいてはフィルターを付けられるようにはなっていません。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

デーライトタイプしかないし、デーライトタイプで問題ない

 プロでない人が手軽にフィルムカメラで写真を撮るときは、デーライトタイプのフィルムを使えば問題ありません。

 少しくらいは色かぶりしたりするので、カメラ用フィルターを付けられるフィルムカメラならフィルターを使って対応することもできます。

 コンパクトフィルムカメラならフィルターを付けられないので、色かぶりしても気にしないでおきます。

 以上、フィルムに書かれたデーライトタイプ、デーライト用の意味を大まかにご紹介しました。

当ブログ参考記事

ネガフィルム

コンパクトフィルムカメラ


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-一般的な写真撮影
-, , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜