PDF文書をJPG画像に変換して保存する方法

 PDFは中身が複雑です。
 そこで、PDFを画像に変換してしまいたいケースはよくあります。

 PDFを画像化し、JPG形式で保存する方法の一例をご紹介します。

Adobe® Acrobat®を使用

 このページの説明ではAdobeのAcrobatを使用します。

Vector PC Shop Amazon

PDFをRGBのJPG画像として保存する手順

手順1 何かのソフトでPDFを作成

 何らかのソフトで文書を作成して、PDFファイルを作成します。

文書を作って、PDFで保存

文書を作って、PDFで保存

カラーマネジメントの機能のない一般的な事務作業用のソフトの場合

 一般的な事務作業用のソフトなら、文書を普通に作って、「PDFで書き出し」のようなメニューからPDF書き出しをしたり、印刷のメニューからPDFで保存したりします。

 カラーマネジメントの機能のない一般的な事務作業用のソフトの場合、PDFで保存すると画像やオブジェクトがすべてsRGBになるかもしれません。
 たとえCMYKの画像を配置してみたとしても、PDFで保存した結果ではsRGBに変換されている場合も多いです。
 それで良いことにします。

カラーマネジメント対応ソフトの場合

 カラーマネジメント対応ソフトで作成したデータなら、お好みでカラーマネジメントの設定を行ってPDF保存します。

 PDFを画像化するなど、後々の作業を考えれば、できるだけプロファイル埋め込みの状態でPDF化するのが無難です。

参考記事

PDFの色が変わる Illustratorから色を変えずにPDF保存する方法 RGBの場合
 Adobe® Illustrator®からPDFを書き出すとき、プロファイルについて設定する必要があります。  プロファイル関連の設定によって、書き出し結果のPDFの色は様々に変わります。  ここでは、イラ...

 良く分からなければ、適当な設定でPDF保存します。

手順2 Acrobatの環境設定

 Acrobatの環境設定で、カラーマネジメント関連の設定を確認しておきます。

 あまり詳しく分からず、一般的な事務作業がスムーズに進められさえすれば良い、という場合は、「カラーマネジメント」の設定欄の「作業用スペース」設定欄で、以下のように設定しておくと無難でしょう。

  • RGB:sRGB
  • CMYK:Japan Color 2001 Coated
Acrobatの環境設定の、カラーマネジメントの設定欄

Acrobatの環境設定の、カラーマネジメントの設定欄

 もちろん、カラーマネジメントに詳しい人で、自分の用途に合わせて複雑なことをしたい場合は上記の設定に限らず、お好みで設定します。

手順3 AcrobatでPDFを開く

 Acrobatで、画像化したいPDFファイルを開きます。

PDFを開く

PDFを開く

手順4 「名前をつけて保存」「別名で保存」か、「書き出し形式」で画像として保存

 メニューから「名前を付けて保存」「別名で保存」等へ進みます。
 または、最近のAcrocatの場合は仕様が変わったかもしれないためメニューから[ファイル>書き出し形式>画像>JPEG]と進みます。

 保存の画面で、「フォーマット」にJPGを選び、「設定」へ進みます。

フォーマットにJPGを選び、設定へ進む

フォーマットにJPGを選び、設定へ進む

 「JPEGとして保存の設定」で、以下のように設定すると無難です。

ファイル設定>カラー:
好みの圧縮率に設定します。
最高の画質にしたい場合は「JPEG(最高)」にします。
ファイル設定>フォーマット:
ベースライン(標準)
カラーマネジメント>RGB:
プロファイルの埋め込み
変換>カラースペース:
カラー:RGB
解像度:
この解像度の設定によって、書き出した画像の絶対的なサイズが決まります。
好みの解像度を選択します。
書き出し後の作業を考えて余裕のある大きめのサイズで書き出したい場合は「236.22ピクセル/cm」(600dpi)くらいに設定すると良いでしょう。
JPEGとして保存の設定

JPEGとして保存の設定

 OKをクリックして設定を確定し、保存の画面で「保存」をクリックしてJPG保存します。

 以上でPDFファイルを1枚の画像として保存できました。

保存した結果はどのような画像になっているか

 上記のように保存すると、たいていはsRGB埋め込みのJPG画像になっています。

 元のPDFのオブジェクトに一通りプロファイルが埋め込まれていれば、ある程度無難な感じにsRGBにプロファイル変換されて、sRGBの画像になっています。

 sRGBなので、カラーマネジメントに詳しくなくても、色々な用途で使うときに使いやすいです。

保存した画像の利用

サイズ変更して使う

 余裕をもって大きめの画像として保存した場合は、用途に合わせてサイズ変更をするなどして使います。

参考記事

写真、画像の解像度変更・サイズ変更の方法 〜pixel、mm、dpi、ppi〜
 写真に最適なシャープネス処理をするには、画像データのサイズ変更が必要です。  写真をウェブにアップするとき、画像サイズを変更したいときもあるでしょう。  画像データのサイズはpx、mmなど何種類も表記があり、解像度が変わる...

JPG以外の画像形式で使う

 JPG以外の形式の画像が欲しい場合もあるでしょう。

 その場合は、Adobe® Photoshop®等を使って希望する形式で保存し直すなどします。

グレースケールの画像が欲しい場合

 グレースケールの画像が欲しい場合もあるでしょう。

 その場合は、Photoshop等を使ってグレースケールにし、保存し直すなどします。

 Acrobatで、カラーのPDFからグレースケールの画像で保存できますが、Photoshopでグレースケール化する方がいろいろと融通が利くのでやりやすいです。

一枚画像のPDFにしたい場合

 PDF内のテキストやオブジェクト類を、単純な一枚の画像にした状態のPDFが欲しい場合もあるでしょう。

 その場合は、600dpi、JPGで保存した画像をPhotoshopで開き、そのまま「別名で保存」で「Photoshop PDF」形式として保存すると無難です。
 そのとき、以下のように設定します。

  • ダウンサンプルしない
  • 圧縮:ZIP
  • 画質:8bit
Photoshop PDFとして保存するときの設定

Photoshop PDFとして保存するときの設定

 解像度も十分で文字は読みやすく、そこそこ容量の小さいPDFになります。

後加工を行うならTIFで保存した方が良い

 PDFを画像に変換して保存した後、保存した画像に上記のような各種の加工、処理を加えるなら、JPGではなくTIFで保存した方が良いでしょう。

 JPGはたとえ最高の画質で保存しても保存するたびに多少画質が劣化していきます。
 TIFで圧縮なしまたは可逆圧縮をかけて保存しておけば画質の劣化が起こりません。
 そのため、TIFで保存して処理を行った方が画質の良い画像に仕上げられます。

CMYKのPDFを、CMYK値を正確に維持して画像化したい場合

 仕事で色にシビアなPDFデータを扱っているような場合なら、色やCMYK値などを正確に管理して画像化したいこともあるでしょう。

 そのような場合は以下の記事などをご参照下さい。

参考記事

CMYKのPDFデータを、CMYK値を変えずに画像に変換する方法
 画像データやPDFデータを処理する仕事をしていると、PDFを画像に変換しなければならない場合がよくあります。  PDFを画像化するとき、適当に画像化するとRGB値やCMYK値が変わってしまうこともあります。  ここでは...

 以上、PDFをJPG画像として保存する方法の一例をご紹介しました。

参考記事

PDFの色が変わる Illustratorから色を変えずにPDF保存する方法 RGBの場合
 Adobe® Illustrator®からPDFを書き出すとき、プロファイルについて設定する必要があります。  プロファイル関連の設定によって、書き出し結果のPDFの色は様々に変わります。  ここでは、イラ...
Acrobatのカラーマネジメント設定 PDFを正しく表示する
 印刷用のレイアウトデータなど、PDFのデータを単純に表示すると、想定している出力結果とは違う色や濃さで表示されることもよくあります。  ここではAdobe® Acrobat®のカラーマネジメント設定を適切に行...
PDFデータ内のRGB画像をCMYKに変換して埋め戻す方法
 全てCMYKであってほしいPDFデータ内に、RGB画像が混ざっているという場合がよくあります。  諸事情で書き出し直せず、PDF上でCMYK変換してしまわなければならないこともあります。  ここでは、PDFデータに含ま...
2色印刷の版下PDF 特色インクの印刷の色をシミュレーションする方法
 2色印刷用のPDFデータは、たいていCMYK版を使用したデータで完成させるので、CMYKインクの色をしています。  ところが実際の2色印刷ではプロセス4色以外の特色インクを使うことが多いので、CMYKのPDFデータを特色インクで...

Acrobat

Vector PC Shop Amazon