カラーマネジメント関連機器

ColorMunki Display 初心者向けより上位のモニターキャリブレーションツール

投稿日:2016年9月16日 更新日:

【国内正規代理店品】X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール ColorMunki  Display カラーモンキー・ディスプレイ KHG0100-DY

 ディスプレイのキャリブレーションツールが必要な時、カラーモンキースマイルは完全な初心者向けなので、もう少しカスタム設定ができる「ColorMunki Display(カラーモンキーディスプレイ)」を使ってみようと思う方は多いのではないでしょうか。

 ここでは、x-Rite®「ColorMunki Display(カラーモンキーディスプレイ)」はどういうキャリブレーションツールなのか、分かりやすくまとめてみます。

 なお、x−Rite製品の一ユーザーの私がつかんでいる範囲の内容ですので、もし購入しようとお思いの方は、詳しくは店の人に確認して下さい。

「ColorMunki Display(カラーモンキーディスプレイ)」はディスプレイキャリブレーションツール

 「ColorMunki Display(カラーモンキーディスプレイ)」は簡易的なディスプレイキャリブレーションツールです。
 ディスプレイキャリブレーションツールとは、ディスプレイのキャリブレーションを行う道具です。

楽天市場 Amazon

ディスプレイのキャリブレーションとは

 ディスプレイキャリブレーションとは、ディスプレイが正確な表示をするよう調整する作業です。

 ディスプレイが正確な表示をする、と言ってもどういう意味かわかりにくいのではないでしょうか。
 どういう表示が正確で、どういう表示が不正確なのかよく分からないからです。

データが示す絶対的な色を、示された通りに表示できる状態がキャリブレーションされた状態

 カラープロファイルが指定されている画像データなど、絶対的な色表現を利用して色を示しているデータがあります。そのようなデータを、データが示している絶対的な色の通りに表示できるディスプレイの状態が、キャリブレーションがとられた状態です。

 例えば絶対的な色表現でL*a*b*(50,10,10)という色を示しているデータを表示したとき、ディスプレイからもL*a*b*(50,10,10)の色が表示されれば表示が正確です。

 以下に、正確な表示をするための調整の中身を説明します。

キャリブレーションの中身1 よく使われる表示の基準があるので、それに合わせる

 正確に表示する、ということの意味の一つは、コントラストに関係するガンマや白さに関係する白色点の色などを一般的に使われている基準に合わせる、ということです。

 ディスプレイの表示には、ガンマは2.2など、白さは6500Kなど広く使われている基準があります。
 デジカメの写真データを含め世間に出回っている画像や動画などはだいたいそのような一般的に広く使われている基準にあわせて作られていることが多いので、自分のディスプレイもその広く使われている基準のどれかに合わせると都合がよいのです。

キャリブレーションの中身2 自分のディスプレイの表示色の特性を調べる

 ガンマや白色点の色などを一般的な基準に合わせれば、大まかな調整としては足ります。

 ディスプレイのキャリブレーションではさらに、ディスプレイで色々な色を表示したときにどういう色で表示されるか少し細かく調べて記録します。

 例えば同じRGB(250,0,0)という赤い色を表示しても、自分のディスプレイは隣の人のディスプレイより少し黄色っぽい赤色かもしれません。そういう特性を調べます。

 それを調べて記録しておくと、Adobe® Photoshop®などデータが示す色を正確に扱えるアプリケーションソフトで画像データなどを表示したとき、データが示す色を正確に表示できるようになります。
 またそういうアプリケーションソフトからデータが示している通りの色をプリンターに送って印刷したときに、ディスプレイ表示とプリンター出力の色が一致するようになります。

ColorMunki Display(カラーモンキーディスプレイ)の仕様の大まかな説明

 ディスプレイキャリブレーションツールにはColorMunki Display以外にも色々あります。それらと比較しながら、ColorMunki Displayがどういう仕様か大まかに見てみましょう。

測色器が三刺激値直読の方式

 ColorMunki Displayの測色器は三刺激値直読の色彩計です。これは、人間の目に存在する三種類のセンサーの器官の反応と似た特性のセンサーで色を読みとる方式です。
 この方式は簡易的な方式で、価格も安い場合が多いです。

 これに対して、カラーモンキーフォト(colormunki photo)やi1Pro2などの測色器は分光測色計というもので、光の色々な波長の強さをすべて測定します。
 色彩計より精度が高く、価格も高いです。

ガンマ

 目標のガンマ値は、カタログなどには1.8、2.2から選択できると書いてあります。

 しかし、私が使っている限りではガンマを選択できる欄は見当たりません。

 いずれにしても、何か事情がない限りガンマ値は気にしなくても大丈夫です。

 ガンマ1.8や2.2を選ぶ必要があったのは、まだカラープロファイルを使ったカラーマネジメントの仕組みが普及していなかった時代です。
 現在はカラープロファイルを使ってカラーマネジメントします。そのため、キャリブレーション時にガンマを指定できたとしても基本的には無難に2.2を指定するだけです。

白色点の色温度の設定はD50、D55、D65、固有の白色点のどれか

 ディスプレイの白色点の色温度の設定は、ようするにディスプレイの真っ白な部分をどういう色にするか決めるものです。色温度でなくxy色度で表現してもいいです。

 ColorMunki Displayのディスプレイの白色点の色温度の設定は、D50、D55、D65、固有の白色点のうちから選択できます。

 何か特定の作業に特化した複雑な環境を作るのでなく、一般的な規格に合わせた作業環境を作るなら通常はD50、D65あたりに設定できれば間に合います。

輝度の設定は定義済みの選択肢から選ぶ

 ディスプレイの輝度の設定は、80、90、100、110、120、130、140(cd/m2)、固有の白色点の選択肢の中から選びます。

 キャリブレーションがとられた状態でディスプレイを使う場合、通常は80~120cd/m2くらいの範囲で使います。よって80〜140cd/m2の範囲で輝度が選べれば通常は十分間に合います。

ColorMunki Display(カラーモンキーディスプレイ)と他の機種の比較表

 以上おおまかに説明したColorMunki Display(カラーモンキーディスプレイ)の特徴と他機種との比較を、表にまとめてみました。

 なお、詳しくは店の人に確認して下さい。

Colormunki Smile Colormunki Display i1 Display Pro Colormunki Photo
測色器 三刺激値直読 三刺激値直読 三刺激値直読 分光測色計
白色点の選択肢 D65 D50、D55、D65、固有の白色点 D50、D55、D65、固有の白色点
カスタム設定
環境光の測定
別のモニターの測定
用紙の紙白の測定
D50、D55、D65、固有の白色点
輝度 80、90、100、110、120、130、140(cd/m2)、固有の白色点 80〜250cd/m2の範囲で設定
環境光の測定
別のモニターの測定
用紙の測定
80、90、100、110、120、130、140(cd/m2
ガンマ値 2.2 不明(カタログには1.8、2.2から選べると書いてあるが、私の知る限り設定欄は見当たらない) 1.8、2.2、3.0、sRGB 1.8、2.2
カメラプロファイル作成 × × ×
プロジェクターのプロファイル作成 ×
RGBプリンターのプロファイル作成 × × ×
CMYKプリンターのプロファイル作成 × × ×

ColorMunki Displayのパッケージ、外観

 ColorMunki Displayのパッケージと外観です。

パッケージ

パッケージの裏面

パッケージの中身

内容

ColorMunki Display本体

 以上、「ColorMunki Display(カラーモンキーディスプレイ)」はどういうキャリブレーションツールなのか、見てみました。

スポンサーリンク

ColorMunki Display(カラーモンキー・ディスプレイ)

楽天市場 Amazon

当ブログ参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

ムック

カラーマネジメントの本

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメント関連機器
-, ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.