カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜

カラーマネジメント、フォトレタッチ、画像関連の知識、Photoshopやカラーマネジメントツールの具体的な操作やテクニックなどを紹介するブログです。

カラーマネジメントは、デバイスどうしで色を合わせあうわけではない

      2017/05/01

monitor-41215_640-2

 ディスプレイとプリンターの色を合わせるとき、どちらかの色をどちらかに合わせるイメージがあるかもしれません。
 しかし、一般的なカラーマネジメントはそのように調整するわけではありません。
 ここでは、カラーマネジメントはデバイスどうしで色を合わせあうわけではないということをおおまかにご説明します。




カラーマネジメントではディスプレイとプリンターのどちらかを基準にして色を合わせるわけではない

 プリンターとディスプレイなどをカラーマネジメントの理屈に従って設定や調整をすることを「プリンターとパソコン画面の色を合わせる」と言ったり、思い通りの色に出力されなければ「画面とプリンターの色が合わない」と言ったりします。

 そういう言い方に現れている通り、プリンターやディスプレイ周辺のカラーマネジメントは「プリンターとディスプレイ表示の色を合わせる」作業のようなイメージがあるかもしれません。

 結果的にプリンターとディスプレイ表示の色を合うようにするので間違いではありませんが、カラーマネジメントに詳しくない人が聞くと誤解するかもしれません。

 カラーマネジメントを利用してプリンター出力とディスプレイ表示の色を合わせる作業は、プリンター出力とディスプレイ表示を相互に合うように調整していくわけではありません。
(※基本的な理屈では、です。)

プリンターとディスプレイの色が直接お互いに合うように調整していくわけではない

プリンターとディスプレイの色が直接お互いに合うように調整していくわけではない

プリンター出力とディスプレイ表示を合わせる手順の 簡単な説明

絶対的な色

 Photoshopのようなカラーマネジメント対応のアプリケーションソフトでデータを開くと、何かの絶対的な色に確定されます。

 絶対的な色が確定するというのは、音楽に例えればAの音は440Hzということにする、と決めるのと似ています。

ディスプレイの画面の色がデータの絶対的な色と同じくなるよう調整

 ディスプレイ表示の色が、データの絶対的な色と同じになるように、キャリブレーションしたりディスプレイプロファイルを作成したりして調整します。

ディスプレイの色を、基準になる絶対的な色に合わせます

ディスプレイの色を、基準になる絶対的な色に合わせます

プリンターの印刷結果がデータの絶対的な色と同じくなるよう調整

 プリンター出力の色が、データの絶対的な色と同じになるように、キャリブレーションしたり出力プロファイルを作成したりして調整します。

プリンター出力を、基準になる絶対的な色に合わせます

プリンター出力を、基準になる絶対的な色に合わせます

結果的にディスプレイの画面とプリンターの印刷結果が同じくなる

 プリンター出力もディスプレイ表示も、共にデータの絶対的な色と同じ色になっているので、結果的にプリンター出力とディスプレイ表示の色が合うということになります。

結果的にプリンターとディスプレイの色が合います

結果的にプリンターとディスプレイの色が合います

楽器のチューニングと似ている

 以上の仕組みは、音楽で言えば各楽器をそれぞれ「Aが440Hz」など同じ基準でチューニングすれば、きれいにバンド演奏ができる、ということと似ています。

楽器のチューニグとカラーマネジメントは少し似ています

楽器のチューニグとカラーマネジメントは少し似ています

 以上、カラーマネジメントはデバイスどうしで色を合わせあうわけではないということをおおまかにご説明しました。

当ブログ参考記事

ムック

カラーマネジメントの本

amazon.co.jp


 - ディスプレイとプリンター出力の色合わせ , , ,