モニターとプリンターの色の初歩

カラーマネジメントは、デバイスどうしで色を合わせあうわけではない

2016年2月27日

monitor-41215_640-2

 ディスプレイとプリンターの色を合わせるとき、どちらかの色をどちらかに合わせるイメージがあるかもしれません。
 しかし、一般的なカラーマネジメントはそのように調整するわけではありません。
 ここでは、カラーマネジメントはデバイスどうしで色を合わせあうわけではないということをおおまかにご説明します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

再エネ電力会社への切り替え方

 

カラーマネジメントではディスプレイとプリンターのどちらかを基準にして色を合わせるわけではない

 プリンターとディスプレイなどをカラーマネジメントの理屈に従って設定や調整をすることを「プリンターとパソコン画面の色を合わせる」と言ったり、思い通りの色に出力されなければ「画面とプリンターの色が合わない」と言ったりします。

 そういう言い方に現れている通り、プリンターやディスプレイ周辺のカラーマネジメントは「プリンターとディスプレイ表示の色を合わせる」作業のようなイメージがあるかもしれません。

 結果的にプリンターとディスプレイ表示の色を合うようにするので間違いではありませんが、カラーマネジメントに詳しくない人が聞くと誤解するかもしれません。

 カラーマネジメントを利用してプリンター出力とディスプレイ表示の色を合わせる作業は、プリンター出力とディスプレイ表示を相互に合うように調整していくわけではありません。
(※基本的な理屈では、です。)

プリンターとディスプレイの色が直接お互いに合うように調整していくわけではない

プリンターとディスプレイの色が直接お互いに合うように調整していくわけではない

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

プリンター出力とディスプレイ表示を合わせる手順の 簡単な説明

絶対的な色

 例えば写真のJPGデータは、表示するディスプレイや開くソフト次第で色合いが変わります。
 PCモニターの売り場に並んでいるモニターに映っている映像が、同じ映像でも色合いに差があることで分かります。

 Photoshopのようなカラーマネジメント対応のアプリケーションソフトでデータを開くと、ソフト内で何らかの絶対的な色に確定されます。

 楽器をチューニングするとき、Aの音を446Hzにしたり440Hzにしたり自由にできます。
 絶対的な色が確定するというのは、音楽に例えればAの音は440Hzということにする、と決めるのと似ています。

ディスプレイの画面の色がデータの絶対的な色と同じになるよう調整

 ディスプレイ表示の色が、データが示している絶対的な色と同じになるように、キャリブレーションしたりディスプレイプロファイルを作成したりして調整します。

ディスプレイの色を、基準になる絶対的な色に合わせます

ディスプレイの色を、基準になる絶対的な色に合わせます

プリンターの印刷結果がデータの絶対的な色と同じになるよう調整

 プリンターの印刷結果の色が、データが示す絶対的な色と同じになるように、キャリブレーションしたりプリンタープロファイルを作成したりして調整します。

プリンター出力を、基準になる絶対的な色に合わせます

プリンター出力を、基準になる絶対的な色に合わせます

結果的にディスプレイの画面とプリンターの印刷結果が同じくなる

 プリンターの印刷結果もディスプレイ表示も、共にデータが示す絶対的な色と同じ色になっていれば、結果的にプリンターの印刷結果とディスプレイ表示の色が合うということになります。

結果的にプリンターとディスプレイの色が合います

結果的にプリンターとディスプレイの色が合います

楽器のチューニングと似ている

 以上の仕組みは、音楽で言えば各楽器をそれぞれ「Aが440Hz」など同じ基準でチューニングすれば、きれいにバンド演奏ができる、ということと似ています。

楽器のチューニグとカラーマネジメントは少し似ています

楽器のチューニグとカラーマネジメントは少し似ています

 以上、カラーマネジメントはデバイスどうしで色を合わせあうわけではないということをおおまかにご説明しました。

当ブログ参考記事


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-モニターとプリンターの色の初歩
-, , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜