Photoshopの使い方 画像データの知識

PhotoshopのCMYK変換は「モード」より「プロファイル変換」が望ましい

2017年2月2日

 RGBの画像データを、Adobe® Photoshop®でCMYKに変換する時、メニューの[ イメージ > モード ]で変換する方も多いのではないでしょうか。
 この方法だと変換する時に変換の方法を細かく確認できません。
 ここでは、きちんとした品質を維持する必要のある画像データをCMYK変換する方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

Photoshopのメニューの「モード」で単純にCMYK変換するとどう処理されるか

 Photoshopを使って、RGBの画像データをメニューの[ イメージ > モード ]でCMYKにした場合、次のような処理が行われます。

 Photoshopのカラー設定変換オプションの設定に従って、作業用スペースのRGB、CMYKそれぞれに設定してあるカラープロファイルにプロファイル変換されます。

カラー設定内のプロファイル変換に関わる箇所

補足説明 カラー設定内のプロファイル変換に関わる設定内容について

 RGBプロファイルからCMYKプロファイルへの変換など、異なるカラースペースへプロファイル変換する場合、変換先のカラープロファイル、レンダリングインテント、などをどうするか決める必要があります。
 これらの決め方次第で変換結果は変わります。

作業用スペースのカラープロファイル

 作業用スペースのCMYKプロファイルが異なれば、Photoshopの「モード」で「CMYKカラー」にした結果のCMYK値は異なります。
 CMYKプロファイルには色々あります。
 JapanColor2001CoatedU.S.WebCoated(SWOP)v2ではカラースペースが別なので、「CMYKカラー」にすると異なるCMYK値になります。

マッチング方法 レンダリングインテント

 レンダリングインテントはプロファイル変換するときにどのような要素を優先するかを決めるものです。
 画像データを異なるカラースペースに変換する時、たいてい変換後のカラースペースに収まり切らない色というのが出てきます。
 そのため、変換するためには色域圧縮という処理をして無理やり収めざるをえません。
 色域圧縮をして色を変換先のカラースペースに収めるため、少し情報を捨てる必要があります。
 そのとき、例えば彩度をできるだけ変えないようにして収めるのか、自然な階調をできるだけ変えないようにして収めるのか、などをレンダリングインテントで決めます。

 そういった変換に関連する処理方法を、カラー設定で設定してあります。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

メニューの「モード」で単純に「CMYKモード」変換すると困ることが色々ある

 メニューの「モード」で単純に変換すると、意図している目的次第では支障があることが色々出てきます。

カラープロファイルが選べない

 「モード」で単純に他のプロファイルに変換してしまうと、カラー設定の作業用スペースに設定してあるカラープロファイルに変換されてしまいます。

 そのプロファイルが意図しているプロファイルなら問題ありませんが、全く意識せずに勝手にプロファイルが決まっていた、となると支障があります。

レンダリングインテントが選べない

 カラー設定 - 変換オプション - マッチング方法 でレンダリングインテントが設定してあります。

 「モード」で単純に変換すると、このレンダリングインテントが使用されて変換されます。

 カラー設定で設定してあるレンダリングインテントが意図しているものなら問題ありませんが、シビアなプロファイル変換の場合、レンダリングインテントが何になっているか把握していないと支障があります。

カラーモードの変換の前後を比較できない

 「モード」で単純に変換すると、すぐ変換されてしまいます。

 一方、シビアなプロファイル変換をする場合、プロファイル変換の前後の状態をプレビューして確認したい状況がよくあります。

CMYK変換はメニューの「プロファイル変換」を使うのが望ましい

 CMYK変換は、メニューの[ 編集 > プロファイル変換 ]で行うのが望ましいです。

 プロファイル変換を選ぶと、変換後のプロファイルはその時点で自由に選べます。
 また、「マッチング方法」の欄でレンダリングインテントもその時点で選べます。
 そして、プレビュー機能があるので、プレビューを入り切りして画像の見た目の変化を見ることができます。

シビアなCMYK変換なら、設定を変えることもある

 現在はRGBカラースペースもCMYKカラースペースもともにそれほど広くありません。

 そのため、プロファイル変換をするときはほとんどの場合色域圧縮という処理が行われます。その結果、画像の見た目は少し変わります。

 RGBプロファイルからCMYKプロファイルへプロファイル変換するときは特に見た目の変化が大きくなります。

 通常の写真などのプロファイル変換であれば、レンダリングインテントは「知覚的」「相対的色域の維持」のどちらかを選びます。

当ブログ参考記事

 「知覚的」で変換すると階調は維持されますが明るさが変わりがちで、「相対的色域の維持」を選ぶと全体の見た目はかなり保たれますが彩度の高い場所の階調が失われることがあります。

 そういったことが起こるため、シビアなCMYK変換の作業の場合はレンダリングインテントを「知覚的」「相対的色域の維持」のそれぞれでプレビューしてみて、より問題の少ない方を選んだりします。

プロファイル変換の画面

 以上、きちんとした品質を維持する必要のある画像データをCMYK変換する方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事

色彩豊かなCMYK画像はどちらか sRGBとAdobeRGBからのCMYK変換の差

 よく、CMYK変換に使うデータはAdobeRGBの方が良い、といいます。  また一部には、CMYKは色域が狭いので元データはsRGBで十分、という誤解も見受けられます。  ここでは、sRGBで完成さ ...

高彩度の写真をPhotoshop®でCMYK変換 階調を生かす少し高度な方法

 彩度の高い部分のある写真をCMYK変換すると、高彩度の部分の階調が失われたりします。  ここでは元のRGB画像の明るさの雰囲気も変えず、かつ彩度の高い部分の階調も生かすためのAdobe® P ...

AdobeRGBデータの利点 ディスプレイの色域と無関係にメリットあり

 AdobeRGBの色域を表示可能なディスプレイを持っていなければ、AdobeRGBのデータを扱っても意味がないという誤解が意外と多く見られます。  ここでは、ディスプレイの色域がsRGB程度でも、A ...


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

Photoshopの本

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-Photoshopの使い方, 画像データの知識
-, , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜