カラーマネジメントの理屈

RGBをCIELABで表し直す方法 〜カラーマネジメント入門 第5回〜

投稿日:2016年8月29日 更新日:

 普通のパソコンのディスプレイなど、RGBで色を表現しているデバイスをカラーマネジメントするには、RGBをCIELAB表色系などで表し直す必要があります。

 一方、オフセット印刷などCMYKで色を表現するデバイスのようなもをカラーマネジメントするには、CMYKをCIELAB表色系などで表し直す必要があります。

 ここではRGBをCIELAB表色系で表し直してみます。

デバイスごとにRGBからCIELABへ表し直す準備が必要

 RGBで色を表現している機器の表示色をCIELABで表し直すには、デバイスごとに準備をする必要があります。

 以下に、例としてRGBで表現されたディスプレイの色をCIELABに表し直す準備の手順を示します。

手順1 何らかのRGB値を表示してみる

 例えばRGB(200,50,100)など、何かRGB値を表示してみます。

手順2 表示された色のL*a*b*値を測色器で測る

 表示されている色がどのようなL*a*b*値なのか、測色器を使って画面の色を測ってみます。

手順3 RGB(200,50,100)と測色結果のL*a*b*値をメモする

 RGB(200,50,100)と、それを表示したときの画面の色のL*a*b*値の組み合わせが分かりましたので、メモしておきます。

手順4 同じ作業を他のRGB値についても繰り返す

 以上の作業を、他のRGB値についても行っていきます。

 すべてのRGB値について行うと何万通りにもなって大変なので、何百通りかのRGB値について調べます。

 調べ終わったRGB値とL*a*b*値の組み合わせを表にしておきます。
 この表を使えば、RGBデータをディスプレイで表示したときの色をCIELAB表色系で表し直すことができます。

RGBとCIELABの組み合わせの表は、ICCカラープロファイルとして一個にまとめる

 上記の説明で作成したRGBとCIELABの組み合わせの表は、ICCカラープロファイルという決められた規格のファイルにして使います。

実際の作業は専用ツールを使って半自動で行う

 上記で説明したICCカラープロファイル作成の作業は、実際には手作業ではなく、専用のカラーマネジメントツールを使用して半自動で行います。

完成したICCカラープロファイルを使用してRGB値をCIELAB表色系で表し直す

 ICCカラープロファイルが完成したので、これを使用してRGB値をCIELAB表色系で表し直せます。

 具体的には、Photoshopなどで画像データを開いて、画像データのカラースペースとして、作ったICCカラープロファイルを指定します。
 そうすると単なるRGB値がCIELAB表色系で表し直され、色がデバイスの自由ではなくなり、色が確定します。

 以上、RGBで色を表現している機器の表示色をCIELAB表色系で表し直してみました。

スポンサーリンク

当ブログ内の参考記事

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

カラーマネジメントの本

写真スキャニングサービス

 写真スキャニングサービスの大手「節目写真館」でキャンペーン実施中とのことです。

税制問題特集

2019参院選は終わりましたが、消費増税の是非について引き続き議論が続いています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、主権者として判断の参考になる動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメントの理屈
-, , , , , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.