パソコン作業と健康

アーユルチェアーの使用経験 PC作業による肩こり・頭痛・腰痛等の関連で

投稿日:2017年9月13日 更新日:

アーユル チェアー オクトパス(キャスタータイプ)坐骨で座る椅子 ブラック

 パソコン作業に従事していると、一日に何時間もパソコン作業をし続けます。
 その結果、肩こり、頭痛、腰痛に悩まされている方は多いでしょう。

 ここでは、パソコン作業をするときに私が使っている椅子をご紹介します。

普通の机用の椅子では肩こり、頭痛がなくならない

 私の経験上、普通の机用の椅子を使った場合、肩こり、頭痛がなくなりませんでした。

姿勢を良くすると腰が痛くなる

 肩こり、頭痛を防ぐためには、姿勢良く椅子に座る必要があります。

 猫背になったり、首が前に出たりせず、顎を引いて背筋を伸ばして座れば肩や首周辺は理想的な姿勢になるので、ある程度肩こりや頭痛は防げます。

 ところが、普通の椅子でこのような良い姿勢で座り続けると、腰痛が起こってきます。

 医師ではないので詳しいメカニズムは分かりませんが、経験上、肩・首に良い姿勢をとると腰が痛くなります。

腰痛にならないよう姿勢を変えていくと肩こり・頭痛が起こる

 腰痛にならないように、当然ながら腰の調子が悪くなってくれば腰ができるだけ痛くならない体勢を探して、姿勢を変えます。

 ところが、経験上、腰の痛みが起こらない姿勢をとっていくと、肩・首周辺はあまり良い姿勢にはなりません。
 結果的に、腰痛を防ごうとすると肩こり・頭痛が防げなくなってしまいます。

 結局、私の場合は肩こり・頭痛と腰痛の両方を防ぐ姿勢というものがありませんでした。
 そのため、どちらかといえば腰をかばう座り方をして腰痛を防ぎ、常に肩こりと頭痛に悩まされていました。

「アーユルチェアー」は座りやすい

 アーユルチェアーを使うようになって、私の問題はあらかた解決しました。

 椅子の作りが普通の椅子と違い、肩や首周辺にも腰にも楽な姿勢で座りやすいです。

メーカーのウェブサイト

私のアーユルチェアーの使用経験から

椅子の作りが普通の椅子と違う

 アーユルチェアーは普通の椅子と作りが違います

 座面が小さく、2つの部分に分かれていて、背もたれも小さく、普通の椅子と全然違います。
 そのため、座り心地などが普通の椅子とかなり違います。

小さいので立ったり座ったりもしやすい

 アーユルチェアーは小さいので、作業しながら立ったり座ったりしやすいです。

 長時間座りっぱなしでは健康に良くないので、私は机の作業面を高めにして、立って作業したり座って作業したりを繰り返しています。

 アーユルチェアーは小さいので、立って作業するときにも邪魔にならなくて良いです。

私が使っているのは「アーユルチェアー オクトパス」

 アーユルチェーアーにはいくつかタイプがあります。

 私が使っているのは基本モデルの「アーユルチェアー オクトパス」です。

 主にパソコンを使用する日常業務で使っています。

東急ハンズで購入した

 私は東急ハンズで「アーユルチェアー」を見つけました。

 東急ハンズに実物があり、座り心地を確かめて、購入しました。

 値段は安くはありませんが、仕事で毎日使うものであり、体調にも生産性にも直結するので購入しました。

4年間くらい快適に使っている

 4年間くらい使っています。

 大変座りやすいので、仕事をするときの椅子はすでに他の椅子には代えられないくらいです。

いくら椅子を変えても、長時間座りっぱなしは体に悪い

 いくら椅子を変えても、やはり長時間座りっぱなしは体に悪いです。

 よって、できるだけ立って作業するよう心がけています。

 以上、パソコン作業による肩こり・頭痛・腰痛を防ぐための椅子をご紹介しました。

スポンサーリンク

アーユル チェアー

当ブログ参考記事

アーユルチェアー メーカー直営店

オフィス家具販売店

オフィス家具通販 Kagg.jp

参考の本

VDT作業を楽しく 厚生労働省ガイドラインに基づくVDT作業従事者用テ [ 厚生労働省 ]

VDT作業の労働衛生実務第2版 厚生労働省ガイドラインに基づくVDT作業指導者用テ [ 中央労働災害防止協会 ]

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-パソコン作業と健康

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.