プリンター用紙

エコマークやFSC等 プリンター用紙の環境対応の認証マークの意味

投稿日:2016年9月7日 更新日:

squirrel-782618_640
 プリンター用紙は消耗品です。特に仕事でプリンターを使用していると、毎日結構な枚数の用紙を消費すると思います。
 毎日消費するプリンター用紙ですから、この用紙を環境負荷の低い物を使うか高い物を使うかによって、地球環境の今後がどうなるかに大きく影響します。

 ここでは、プリンター用紙を選ぶときに参考になるよう、用紙の環境対応についての各種認証マークについてまとめてみます。

はじめに 第三者機関の認証マークがあることが重要

 第三者機関の認証を受けた製品は、第三者機関が客観的にみて環境負荷が低いと判断した結果、認証マークをつけたりできるようになります。
 そのため購入する側としては、第三者が客観的にみて環境負荷が低いとみなせるような製品なのだろう、と判断できます。

 一方、第三者機関からの認証は受けておらず、認証マークに雰囲気が似ている自社独自の「植林木100%使用」などのマークを表示している製品もあります。
 そういったマークは自社で自由に付けているだけであるため、購入する側としては実際に環境負荷が高いか低いか判断できません。

 実際、大規模な森林破壊を行っているとして国際的に批判されていた会社の製品に、「植林木使用」といった環境負荷が低そうな印象を与える表示がなされていた例は存在しています。

 よって、雰囲気に惑わされず、第三者機関の認証を受けた認証マークを付けている製品を選ぶことをおすすめします。

用紙の環境対応についてのマークにはどのようなものがあるか

 用紙の環境対応に関する認証マークや、認証ではないものの環境負荷の目やすになるマークの例として、以下のようなものがあります。

  • FSC認証
  • エコマーク
  • グリーン購入法
  • 再生紙使用(R)マーク
  • 間伐材マーク

FSC認証

 FSC認証は、FSC(Forest Stewardship Council®、森林管理協議会)が運営している国際的な森林認証制度です。

認証機関 FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)

 FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)は責任ある森林管理を世界に普及させることを目的とする非営利団体です。
 環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理を理念としています。
 1994年に環境団体、林業者、林産物取引企業、先住民団体などが中心となって設立されました。

FSC認証のしくみ

 FSC認証は、FSCから認定を受けた第三者認証機関が審査を行い、発行します。
 森林の管理や伐採が環境や地域社会に配慮して行われているかどうかを評価し、その森林を認証します。
 その森林から生産された木材や紙製品を含む木材製品にロゴマークを付け、市場に流通させます。

FSCラベルの種類

 FSCラベルは3種類あるということです。

FSC100%

 FSC認証林からの原料を100%使用している製品に付けられます。

FSCミックス

 FSC100%、FSCミックス、FSCリサイクル、FSC管理木材、回収原材料など、FSCが認めている適格な原材料が複数使用されている製品に付けられます。

FSCリサイクル

 回収原材料を100%使用している製品に付けられます。
 木材製品の場合は回収原材料の85%以上が、消費者の手に渡り使用されてから回収された原材料である場合に付けられます。

参考ウェブページ

WWF(世界自然保護基金)もFSC認証を推奨しており、ウェブサイトにFSCについてのページがあります。

森林認証制度PEFCとの違いについて

 FSC認証と似ているものにPEFC森林認証プログラムというものがあります。
 PEFCがどういうものかについての評価は難しい面があるようです。
 以下のウェブページ等をご参照ください。

エコマーク

 エコマークの事業は、公益財団法人日本環境協会が運営しています。

プリンター用紙関連のエコマーク認定基準

 エコマークは、商品類型ごとに認定基準が色々あります。
 コピー用紙、インクジェット用紙などのカラープリンタ用紙は、情報用紙のグループの認定基準が適用されます。

 認証基準の例としては、コピー用紙は古紙パルプ配合率、森林認証材パルプ利用割合、間伐材等パルプ利用割合、持続可能性を目指した原料調達に基づいて調達されたパルプ利用割合、白色度及び坪量を、決められた算定式を使って評価した評価値によって判断します。
 カラープリンタ用紙は古紙パルプ配合率が70%以上であること、などの基準があります。

 その他、細かい基準がたくさん設けられています。

グリーン購入法

 グリーン購入法は、国や地方自治体などで環境負荷の低減に資する物品・役務の調達を推進することや、環境物品の情報の提供などを目的に作られた法律です。

参考ウェブページ

グリーン購入法適合品のマークはない

 グリーン購入法適合品を示すマークのようなものはありません。
 メーカーが、分かりやすいように自社なりのマークを付けている場合などはあります。

グリーン購入法適合の基準

 グリーン購入法第6条第2項第2号に規定されている基準を満たす製品がグリーン購入法適合品です。

エコマーク認定品の用紙はグリーン購入法適合品

 用紙に関して色々とグリーン購入法の適合基準が設けられていますが、エコマーク認定品はグリーン購入法の適合基準を満たします。

バージンパルプ原料使用品は、森林認証マークを参考にして

 古紙を使用していない、バージンパルプ原料を使用した用紙を購入する場合は、以下の森林認証マークが参考になる、とグリーン購入法の手引きに書かれています。

  • FSC森林認証制度
  • 間伐材マーク

など

再生紙使用マーク

 再生紙使用(R)マークは、現在の「3R活動推進フォーラム」の前進「ごみ減量化推進国民会議」によって定められたシンボルマークです。

参考ウェブページ

再生紙使用(R)マークの認定基準・意味

 Rマークは古紙パルプがどのくらい配合されているかが一目で分かるようにしたものです。
 正しい古紙パルプ配合率を表示したり、コーティング加工した再生できない紙ではない、などの条件を満たしていれば、申請や届け出は不要で、誰でも無料で自主的に使用できます。

間伐材マーク

 全国森林組合連合会が運営している事業です。
 間伐や間伐材利用の重要性等をPRし、間伐材の利用を促進することなどを目的としています。

参考ウェブページ

間伐材マークの運用基準

 コピー用紙や印刷用紙などに関しては、「『森林認証材・間伐材に係るクレジット方式運用ガイドライン』(環境省)に基づき管理を行い、間伐材パルプを製品単位で10%以上利用していること」といった基準が設けられています。

環境負荷の低い用紙を選びましょう

 以上のようなマーク類を目安に環境負荷の低い用紙を選んで、持続可能な事業活動、趣味活動にしていきましょう。

環境対応に関する認証マークのある用紙の例

A4コピー用紙など

B5コピー用紙など

A3コピー用紙

B4コピー用紙

 以上、プリンター用紙を選ぶときに参考になるよう、用紙の環境対応についての各種認証マークについてまとめてみました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

参考書籍

  • 持続社会への環境論 「入会地の悲劇」を超えて [ 瀬戸昌之 ]

    「地球温暖化はどうすれば防止できるのか? 食料や水はどこから生み出され、どこへいくのか? ごみは何が問題なのか? 社会と自然環境の破壊に共通する現象を見つめて持続社会の未来像を考える。」

  • 環境法入門第3版 (有斐閣アルマ) [ 交告尚史 ]

    「環境法を初めて学ぶひとに最適な入門書。環境をまもるための法と制度が国内外にわたり概観できる。『水環境の保全』についての解説を新たに加えるとともに、福島第一原発事故後のエネルギー政策の現状などについても記述をブラッシュアップした最新の第3版。」

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-プリンター用紙
-, ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.