カラーマネジメントでよくある疑問

プリンターで印刷した写真が暗い原因と解決方法の一例

2020年12月28日

 パソコンで写真を現像、レタッチして仕上げて、プリンターで印刷した結果、とても暗い写真になってしまう場合があります。

 ここではプリンターの印刷結果が暗くなる原因の例と、解決方法の一例をご紹介します。

モニターを明るく調整しすぎると暗い写真になる

 モニター輝度を高く設定しすぎると、完成した写真が暗くなるので注意が必要です。

 最終的にプリンターで写真を印刷する予定だとします。

 印刷する用紙を部屋で見たとき、下図のように見えるとします。

自分の部屋で見た白い用紙

自分の部屋で見た白い用紙

 2台のモニターがあり、白色点の輝度を一方は100cd/m2、もう一方は160cd/m2になるようキャリブレーションします。
 100cd/m2のモニターの真っ白な部分は部屋で見た用紙と同じくらいの明るさに見えていて、一方160cd/m2のモニターの真っ白な部分は部屋で見た用紙よりかなり明るく見えているとします。

白色点の輝度100cd/m2、160cd/m2に調整したモニター

 同じ写真を2台のモニターで表示してみます。
 当然ながら、輝度100cd/m2のモニターより160cd/m2のモニターの方が明るく見えます。

同じ写真を2台のモニターに表示した状態

同じ写真を2台のモニターに表示した状態

 この写真を正しくカラーマネジメントしてプリンターで印刷すると、100cd/m2のモニターの表示と近い印刷結果になります。
 もともと、部屋で見た用紙の明るさと100cd/m2のモニターの真っ白な部分が同じくらいの明るさに見えていたからです。

 一方、160cd/m2のモニターはもともと部屋で見た用紙の明るさよりかなり明るく調整されているので、印刷結果よりモニター表示の方が明るくなっています。

写真を印刷した結果

写真を印刷した結果

 次に、160cd/m2のモニターの表示を見ながら、160cd/m2のモニターでちょうど良い見た目になるよう写真の明るさなどを調整して仕上げます。
 仕上げた写真を100cd/m2のモニターで表示すると、当然ながら160cd/m2のモニターで見た状態より暗く見えます。

 仕上げた写真を印刷すると、印刷結果はとても暗くなります。
 もともと160cd/m2のモニターの真っ白な部分の明るさに比べて、部屋で見た用紙の明るさの方がかなり暗いからです。

160cd/m<sup>2</sup>のモニターを見て写真を調整し、印刷した場合

160cd/m2のモニターを見て写真を調整し、印刷した場合

 このように、部屋の明るさよりモニターの明るさをかなり明るく調整してしまうと、仕上げた写真は暗い仕上がりになってしまいます。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

【13】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 | 交通死「遺された親」の叫び
【13】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 | 交通死「遺された親」の叫び

目次1 1 伝えたいこと2 2 被害の実相2.1 (1)歩行者や自転車の被害は「通り魔殺人」的被害。「事故」ではなく「交通犯罪」2.2 (2)交通被害は死亡事件だけでなく深刻な後遺障害も。重傷は死亡の ...

remember-chihiro.info

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構
「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」、2030年および2050年のエネルギーミックスと脱原発・脱温暖化の戦略公表。再エネ比率2030年40%、50年100%。パリ協定の1.5℃達成を目指す(RIEF) | 一般社団法人環境金融研究機構

   経済学者らで構成する「未来のためのエネルギー戦略研究グループ」は、2030年並びに2050年の…

rief-jp.org

解決策 モニターの輝度を部屋の明るさに合わせて下げる

 このように、プリンターで印刷した写真がモニター表示と比べて暗くなる場合、部屋の軽さと比べてモニター輝度が高すぎる可能性があります。

 そこで、モニター輝度を下げてみると良いでしょう。

 モニター輝度は自分の部屋の明るさや写真を展示する場所の明るさに合わせると良いでしょう。

当ブログ参考記事

国際規格などをあまり気にしない方が良い

 メーカーによっては、キャリブレーションソフトのモニター輝度の初期値が国際規格に合わせて160cd/m2くらいになっている例もあるようです。
 しかし、160cd/m2は一般的な部屋や事務所の明るさと比べてかなり明るいです。
 そのため、輝度目標160cd/m2などでモニターをキャリブレーションし、写真を現像、レタッチしてプリンターで印刷すると、とても暗い写真になってしまう可能性が高いです。

 国際規格はあまり気にせず、自分の部屋や写真を展示する場所の明るさに合わせてモニターキャリブレーションをした方が良いでしょう。
 私の経験上、一般的な部屋や事務所で見た白い用紙の明るさは、輝度80〜120cd/m2くらいのモニターの白色点と近い明るさの場合が多いです。

 以上、プリンターの印刷結果が暗くなる原因の例と、解決方法の一例をご紹介しました。

当ブログ参考記事

カラーマネジメントでよくある疑問 | カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜
カラーマネジメントでよくある疑問 | カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜

omoide-photo.jp


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

写真・グラフィック出力サービス

当事務所で、AdobeRGBの写真のデータからほぼAdobeRGBの色域を維持してプリンター出力を行う、といったような広色域プリンター出力サービスを行なっています。
一般的な銀塩プリントやプリンター出力のサービスでは対応してくれないような種々のプロファイル、種々の形式のデータにも柔軟に対応します。
写真・グラフィック出力サービス
写真・グラフィック出力サービス

広色域のプリンターで写真・グラフィック等を出力するサービスです。例えばAdobeRGBの写真をAdobeRGBのまま銀塩プリント相当の画質で出力したいときに便利です。

omoide-photo.jp

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントでよくある疑問
-, , , ,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜