画像データの知識

画像データの知識

自動計算 解像度dpi 出力寸法mm データサイズpx の計算機

 画像データを使う時、最終出力の条件に合わせて解像度を決め、必要な寸法で印刷できるようサイズを変更します。  以下は、「画像の解像度」「画像の出力寸法」「画像データのサイズ」の関係を計算するための計算機です。 ※ちょっと...
画像データの知識

スキャン解像度の計算機 原稿の寸法、画像データの使用サイズ・解像度からスキャン解像度を求める

 写真などのスキャニングを行うとき、原稿の寸法や画像データの用途、使用サイズなどをもとに適切なスキャン解像度を決めます。  以下は原稿の寸法と画像データの用途、使用サイズなどを入力してスキャン解像度の目安を計算する計算機です。...
画像データの知識

ppi(pixel/inch)とppcm(pixel/cm)を変換する計算器

 データをTIF画像で書き出すときなどに、解像度をPPIではなくppcm(ピクセル/cm)で指定する場面がよくあります。  そのようなときに便利な、ppiからppcm(pixel/cm)に変換する計算器です。 ※ちょっと...
画像データの知識

印刷用画像データを解像度350ppi(350dpi)にする理由の一例

 印刷用のカラーやグレースケールの画像データはたいてい解像度350ppiで作ります。(350ppiと言った方が正確ですが、350dpiと言っている場合が多いです。)  なぜ350ppiにするのかという疑問に対し、スクリーン線数17...
デジカメ写真を自分で修正

Windowsの「フォト」で画像のサイズ・解像度を変更する方法

 画像データを扱う場合、画像のサイズや解像度の変更が必要な場合は多いです。  しかし、Windowsに元々付属しているソフトでは画像のサイズと解像度の両方を確認して操作できるソフトはないかもしれません。  ここでは一部の計算...
Photoshopの使い方

2色刷りデータに 特色インクを適用しインクジェットプリンターで印刷

 業務向けのカラーマネジメント関連の機能がある複合機なら、2色印刷用のデータに特色インクを適用して出力できるものもあります。  そういう機器を持っていないとき、普通のインクジェットプリンターで特色インクを適用した色で出力したいこと...
画像データの知識

コート紙の印刷で使った画像を上質紙で使うときの処理の例

 以前コート紙の印刷用に作ったCMYK画像があり、元のRGBデータは手元にないというケースは結構あるでしょう。  同じ写真を今回は上質紙で使用しなければならなくなったとして、コート紙用に作ったCMYK画像をそのまま上質紙の印刷で使...
カラーマネジメントでよくある疑問

K100は維持しプロファイル変換したい時、デバイスリンクプロファイルを使う

 CMYKからCMYKに変換したい場合があります。  例えばコート紙の印刷用の画像を、上質紙の印刷用に変換する場合などです。  ところがCMYKデータを別なCMYKプロファイルに変換すると、K100の部分がK100でなくなってし...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

Adobe® Stockの写真素材を開く時、プロファイルはどう扱うべきか

 Adobe® Stockで写真素材を購入するケースは多いでしょう。  Adobe Stockの写真を開いてみると、色が正常に表示されない場合が結構あります。  ここではAdobe Stockで購入した写真のデータを...
Photoshopの使い方

RGBのダブルトーン画像を2色印刷用データに変換する方法

 Adobe® Photoshop®のグラデーションマップを使用してダブルトーンの写真を作る方法はAdobeのサイトでも紹介されており、結構有名で、手順も簡単です。  しかし、作ったダブルトーン画像を2色印刷で使い...
グレースケール・モノクロ画像の知識

グレースケールやモノクロ2値の線画をCMYK画像のKに置き換える方法

 イラストをスキャニングスキャニングするなどして、グレースケールやモノクロ2値の線画を作ったとします。  この後の作業で、線画をCMYK画像のK版に持って行って、真っ黒な線として使いたい場合はよくあるでしょう。  ここでは、...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

RGB画像をCMYKに変換し、埋込プロファイルなしで保存する方法

 印刷条件が決定していれば、CMYKデータにはプロファイルは埋め込まないルールにしている会社も多いでしょう。  ところが、RGB画像をCMYKにプロファイル変換後、普通に保存するとプロファイルが埋め込まれてしまいます。  こ...
Photoshopの使い方

2色分解した画像データの、2色印刷の色をシミュレーションする方法

 2色印刷で使用するために画像データなどを2色分解するとき、たいていC版とM版、M版とK版など、CMYKの中の2色を使用したデータとして作ることが多いです。  ところが実際に使用するインクはCMYKのプロセス4色のインクではな...
Photoshopの使い方

特色2色印刷を前提にしたダブルトーンの写真の作り方

 Adobe® Photoshop®のグラデーションマップを使用して、RGBモードでダブルトーンの写真を作る方法はAdobeのサイトでも紹介されており、結構有名で、手順も簡単です。  一方、ダブルトーンの加工を...
フォトレタッチ・写真編集の知識

先にCMYKモードにせず画像編集後にCMYK変換する理由

 CMYK画像を作る時、たいていはRGBで画像を編集して完成させた後、最後にCMYKに変換します。  なぜ最初にCMYKに変換せずに最後に変換するのか、実務上の理由の一例をご紹介します。 一般的な画像データ作成の手順 R...
スポンサーリンク