グレースケール・モノクロ画像の知識

グレースケール・モノクロ画像の知識 Photoshopの使い方

Photoshopの「白黒」の使い方の一例

 Adobe® Photoshop®に「白黒」という色調補正の機能があります。  カラー写真からモノクロ写真を作る時などに使用します。  ここではPhotoshopの「白黒」の機能の使 ...

グレースケール・モノクロ画像の知識 画像データの知識

グレースケールやモノクロ2値の線画をCMYK画像のKに置き換える方法

 イラストをスキャニングスキャニングするなどして、グレースケールやモノクロ2値の線画を作ったとします。  この後の作業で、線画をCMYK画像のK版に持って行って、真っ黒な線として使いたい場合はよくある ...

グレースケール・モノクロ画像の知識

低解像度の画像からきれいなモノクロ2値の白黒画像を作る方法

 低解像度のイラストなどの画像はそのままだときれいに印刷できません。  きれいに印刷できるよう、低解像度画像を高解像度のモノクロ2値画像にしたい場合がよくあります。  ここでは、低解像度の画像から高解 ...

グレースケール・モノクロ画像の知識 Photoshopの使い方

線画のモノクロ2値画像からIllustrator®等で使えるパスを作る方法

2017/1/25    , ,

 イラストや手書き文字をスキャニングして線画のデータを作った後、画像データではなくパスにしてAdobe® Illustrator®などのオブジェクトとして使いたいこともあるのではないで ...

グレースケール・モノクロ画像の知識 写真のスキャニング・データ化

紙に描いた原稿をスキャンして線画を作る方法 薄い鉛筆のイラストの場合

 黒い線で描かれたイラストや図面などを画像データ化する場合、一般的にはモノクロ2値の線画にします。  原稿が濃ければ簡単ですが、鉛筆で描いた薄いイラストなどをきれいな線画にするときは少し手動で処理が必 ...

グレースケール・モノクロ画像の知識

スポットカラー1色印刷の写真作成方法 グレー画像のままでは不十分

 昨今は自分で印刷用のデータを作成し、印刷会社へデータ入稿するケースが増えました。  この場合、4色カラーのデータを作るより1色印刷用のデータを作成する方が難易度が高いです。  さらに、それが黒1色で ...

グレースケール・モノクロ画像の知識

モノクロ写真の作り方 カラー写真からPhotoshopを利用して

 作品としてモノクロ写真を作成したい場合や、チラシなどの作成で経費節減のため1色印刷をするときなど、モノクロ写真が必要になることがたまにあります。  現在はデジカメが主流になったので、最終的にモノクロ ...

グレースケール・モノクロ画像の知識

モノクロ写真を、CMYK画像のK版C版M版Y版のいずれか1版で作る方法

 モノクロ写真を普通に作ると、グレースケールの画像データになります。  ところが、印刷用のデータを作るとき、色々な理由でモノクロ写真を普通のグレースケール画像ではなくCMYKカラーの画像データの1版分 ...

グレースケール・モノクロ画像の知識

モノクロ・グレースケール画像はどう「カラーマネジメント」するか?

 カラーの写真を作るなら、プロファイルはsRGBかAdobeRGB、CMYKならJapna Color 2001 Coatedあたりにしておけば何とかなる場合が多いでしょう。  一方、モノクロ写真のプ ...

グレースケール・モノクロ画像の知識

印刷の「ドットゲイン」とは何か? 印刷結果の濃さに関係するもの

 近頃は自分でチラシなどの印刷物のレイアウトデータを作成してデータ支給で印刷を依頼することが多くなりました。  オフセット印刷の話で、よく「ドットゲイン」という言葉を耳にするのではないでしょうか。   ...

グレースケール・モノクロ画像の知識

モノクロ・1色で使うイラストや写真原稿のスキャニング方法

 最近はAdobe® Illustrator®などを使用して、自分でチラシなどのレイアウトデータを作り、印刷会社にデータ入稿して印刷するケースも多くなりました。  カラーのデータはある ...

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.