Photoshopの使い方

Camera Rawのノイズ軽減 不要な線の発生を防止する方法

投稿日:2017年10月17日 更新日:

 美肌処理など、Camera Rawのノイズ軽減を強力にかけたい場合があります。
 そのとき、単純にかけると不要な線が入ってしまうことがあります。

 ここではCamera Rawのノイズ軽減を強力にかけるとき、不要な線の発生を防止する方法をご紹介します。

Camera Rawのノイズ軽減で不要な線が発生するときがある

Camera Rawのノイズ軽減を強力にかけたいケース

 Adobe® Photoshop®本体にもノイズ軽減があります。

 プライグインのCamera Rawにもノイズ軽減があります。

 同じノイズ軽減でも、処理のかかり具合に違いがあります。

 人の肌を、自然な仕上がりではなく完全に滑らかにしたいときなど、Camera Rawのノイズ軽減を利用することもあります。
 強力にかけると滑らかになります。

不要な線が発生するときがある

 Camera Rawのノイズ軽減で、輝度のノイズ軽減を単純に強力にかけると、不要な線が出てしうことがあります。

Camera Rawのノイズ軽減で不要な線の発生を防止する方法

 ノイズ軽減の、「輝度」だけ90や100など強力にかけて、それ以外の「輝度のディテール」などを0にします。
 そういう場合に不要な線が出ることがあります。

輝度のディテールを50くらいにしておくとよい

 「輝度のディテール」が0の状態で「輝度」を90などにすると不要な線が発生することがあります。

 そこで、「輝度のディテール」を50くらいにしてみます。

 そうすると不要な線は発生せずに済みます。

 なおかつ、「輝度」を90くらいにしておけば、「輝度のディテール」を50にしても肌などは十分滑らかになります。

 以上、Camera Rawのノイズ軽減を強力にかけるとき、不要な線の発生を防止する方法をご紹介しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

フォトレタッチの本



-Photoshopの使い方
-,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2018 All Rights Reserved.