カメラのキタムラ「プレミアムプリント」 プロファイルはどうするべきか

 カメラのキタムラの高品質プリントサービスに「プレミアムプリント」サービスというものがあります。

 一般向けのカメラや現像ソフト、写真編集ソフトでもカラープロファイルが色々選べるようになっているため、「プレミアムプリント」サービスに依頼する写真のデータのプロファイルはどのようにするべきか迷う人も多いでしょう。

 カメラのキタムラの「プレミアムプリント」サービスに依頼するとき、画像データのプロファイルをどのようにするとよいかみてみます。

カメラのキタムラ 「プレミアムプリント」サービス

カメラのキタムラ「プレミアムプリント」サービスの内容

 「プレミアムプリント」サービスは高級な写真プリントサービスです。

カメラのキタムラ 「プレミアムプリント」サービス

大きいサイズで写真をプリントできる

 プレミアムプリントサービスの「クリスタルプリント」は2L(127×178mm)〜全紙(457×560mm)という大きいサイズで写真のプリントができます。

 「ラスタープリント」の場合はL(89×127mm)〜全紙(457×560mm)という大きいサイズで写真のプリントができます。

色補正は施されるかどうか

 ネットで注文する場合、注文画面に「無補正」と書いてあります。
 そのため、色補正なしでプリントされるものと思われます。

 店頭注文の場合は店の人に聞かなければ分かりません。

印画紙の選択肢が2種類ほどある

 プレミアムプリントサービスは「クリスタル」「ラスタープリント」の2種類あります。

 「クリスタル」は光沢の印画紙、「ラスタープリント」は光沢を抑えた印画紙が使用されます。

パネル加工のオプションがある

 プリントに加えて、「マットパネル加工」「木製パネル加工」「ドライマウント加工(アルミフレーム付)」のパネル加工のオプションがあります。

「プレミアムプリント」サービスのサービス案内を確認してみる

 「プレミアムプリント」サービスのウェブページで、依頼する写真の画像データのプロファイルについて説明されているかみてみました。

 Q&Aのページで、カラープロファイルの読み込みには対応していません、と書かれていました。

 それ以外は、カラープロファイルについての細かい説明は見つけられませんでした。

 画像データの色空間などについて説明を載せると、注文する人がかえって混乱してしまうからかもしれません。

ネット注文で画像をアップロードしてみた結果

 「プレミアムプリント」サービスのネット注文の画面から、画像をアップロードしてみました。

 「プレミアムプリント」サービスをネットから注文する際の画像のアップロード画面にも、カラープロファイルに関する注意書きなどは見当たりませんでした。

sRGBの画像データをアップしてみる

 以下のsRGBの画像データをアップロードしてみます。
 sRGBで完成させ、sRGBカラープロファイルを埋め込んで保存した画像データです。

アップしてみるsRGBの写真

 おそらくsRGBの画像データがsRGB画像として扱われているものと思われます。
 ほぼ同じ色で問題なくアップロードできました。

sRGBの画像データ(プロファイル埋め込みなし)をアップしてみる

 以下のsRGBの画像データをアップロードしてみます。
 sRGBで完成させ、カラープロファイルを埋め込まずにに保存した画像データです。

アップしてみるsRGB(プロファイル埋め込みなし)の写真

 おそらくsRGBで作成され埋め込みプロファイルのない画像データがsRGB画像として扱われているものと思われます。
 ほぼ正常な色で問題なくアップロードできました。

AdobeRGBの画像データをアップしてみる

 以下のAdobeRGBの画像データをアップロードしてみます。
 AdobeRGBで完成させ、カラープロファイルを埋め込んで保存した画像データです。

アップしてみるAdobeRGBの写真

 AdobeRGBの画像データにsRGBを指定した以下の写真と似たような色になってしまいました。

AdobeRGBの写真にsRGBを指定した状態

 おそらく、AdobeRGBの画像データの埋め込みプロファイルは無視され、sRGB画像として扱われた結果だと思われます。

「プレミアムプリント」サービスに依頼するときの写真のデータのプロファイル

sRGBにしておけば問題ない

 店のサービスに依頼するデータはsRGBで作ればまず問題ないでしょう。

 デジカメで撮影するなら、カメラの色空間をsRGBに設定しておけば、撮影した写真のデータはsRGBのデータになります。

 現像ソフトで現像するなら、画像データの書き出し時の色空間をsRGBに設定すると、sRGBのデータになります。

 AdobeRGBのデータがあるなら、sRGBにプロファイル変換して保存すると、sRGBのデータになります。

参考記事

AdobeRGBで撮影し店でプリントする方法 Photoshop Elementsで一処理加える
 デジカメで撮影するとき、念のためAdobeRGBモードで撮影したいこともあるでしょう。  しかし、AdobeRGBの写真をそのまま店でプリントすると色が変わってしまうことが多いです。  色が変わってしまわないためには、簡単な変...
AdobeRGBで撮影した写真を、店でプリントするための色の変換方法
 デジカメでAdobeRGBのモードを使って撮影した写真を、店にプリントに出したところ、くすんだ色でプリントされる経験をされた方は多いのではないでしょうか。  sRGBで撮影すれば解決するとはいえ、念のためより広い色空間である...
Photoshopの「プロファイル変換」の使い方
 カラーマネジメントシステムの仕組みに則った作業を行うとき、プロファイル変換の操作は欠かせません。  ここではAdobe® Photoshop®の「プロファイル変換」の機能の使い方をご紹介します。 プロフ...

店頭で注文する場合

 ネットで注文する場合は上記の通りです。

 一方、カメラのキタムラの店頭で注文する場合は、ネット注文とは多少対応が異なる可能性があります。

 そのため、店頭で注文する場合は店の人に聞くのが良いでしょう。

 以上、カメラのキタムラの「プレミアムプリント」サービスに依頼するとき、画像データのプロファイルをどのようにするとよいかみてみました。

カメラのキタムラ プレミアムプリントサービス