カラーマネジメントツールの使い方

測色器は定期的に校正に出す。

2017年5月30日

 測色器は、測色器のメーカーに依頼して校正をしてもらえます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

測色器の校正の依頼方法

販売店に依頼する

 販売店を通じて購入していれば、販売店に校正を依頼すれば対応してもらえるでしょう。

メーカーに依頼する

 メーカーのウェブサイトで、校正や点検のサービスを受け付けているので、そちらから依頼することもできます。

X-Rite®の修理サービスの案内ページ

OEM製品の場合

 私の経験上、OEM製品の場合、製造メーカーや、製造メーカーの販売代理店に校正を依頼しても受け付けてもらえない場合があります。

 その場合は、販売している会社に校正を依頼します。
 例えばプリンターメーカーが販売しているプリンター内蔵測色器であれば、実際の測色器メーカーでなく、販売しているプリンターメーカーに校正について問い合わせすると対応してもらえる可能性が高いです。

注意点 測色器メーカーが保証する正規の校正証明書でない証明書が流通しているとのこと

 X-Riteのウェブサイトに、エックスライトの正規の計測基準、手続きで発行されたものではない校正証明書が流通しているので注意してください、という案内が出ていました。

 ですので、校正の依頼は慎重に正規の段取りで行う必要があるようです。

X-Riteのページ

 以上、測色器の校正についてご紹介しました。


 

参考記事

カラーマネジメントの本

当事務所について

blank

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントツールの使い方
-, ,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜