グレースケール・モノクロ画像の知識 Photoshopの使い方

モノクロ写真の作り方 カラー写真からPhotoshopを利用して

2016年10月11日

eyecatch_monochrome
 作品としてモノクロ写真を作成したい場合や、チラシなどの作成で経費節減のため1色印刷をするときなど、モノクロ写真が必要になることがたまにあります。

 現在はデジカメが主流になったので、最終的にモノクロ写真を作るとしても、写真を撮影するときはカラーで撮影する場合が多いと思います。

 カラー写真からモノクロ写真を作成するのは、カラー写真をレタッチしてカラー写真に仕上げるのとは別の技能が必要です。

 ここでは、カラー写真の画像データからモノクロ写真を作成する方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

前置き 単純にグレースケール画像に変換しても良いモノクロ写真にならない

 カラーの画像データをモノクロにしたい場合、Adobe® Photoshop®なら[ イメージ > モード > グレースケール ]と進めば、モノクロ写真になります。

 しかし、この方法では単純に色の情報を捨てているだけで、緑の部分と赤の部分が同じ濃さになったりして、良い仕上がりにはなりません。

 そこで各色の部分をモノクロ写真でどういう濃さにするかを調整しながらグレースケール化する方法を使います。

monochrome1

元の写真

monochrome2

モードをグレースケールに変換しただけの写真

モードを単純にグレースケールにするとどのような処理が行われるか

 例えばRGB画像を開いて、Photoshopのメニューから[イメージ>モード>グレースケール]と進むと、Photoshopのカラー設定の作業用スペースの「グレー」の欄に設定してあるプロファイルにプロファイル変換された画像になります。

 カラー設定で「プリプレス日本2」のプリセットを選んでいる場合は、作業用スペースの「グレー」の欄は「Dot Gain 15%」になっています。

 よって、「プリプレス日本2」に設定した状態で[イメージ>モード>グレースケール]と進むと、RGB画像を「Dot Gain 15%」にプロファイル変換した画像になります。

 見た目は、カラーの状態で調整レイヤー「色相・彩度」を乗せて「彩度」を0にした状態に似たような仕上がりになります。

Photoshopでカラー写真からモノクロ写真を作る手順

手順1 カラーで写真撮影・スキャニング

 写真撮影は、普通にカラーで撮影します。
 カラースペースはAdobeRGBでもsRGBでもどちらでも問題ありません。

 紙焼き写真やフィルムをスキャンするなら、普通にカラーでスキャニングします。
 保存形式はJPGでもTIFでも何でも問題ありません。

手順2 Adobe® Photoshop®でモノクロ写真にする

 モノクロにするには、Photoshopの「白黒」の機能を使うか、Photoshopのプラグイン「Camera Raw」を使うと便利です。

方法1 Photoshopの「白黒」調整レイヤーを使う方法

「白黒」調整レイヤーでグレースケール化

 JPGなどの写真のデータをPhotoshopで開きます。

 [ レイヤー > 新規調整レイヤー > 白黒 ]と進んで、「白黒」調整レイヤーを乗せます。

monochrome3

レイヤーパネル 「白黒」調整レイヤーを乗せた状態

 白黒調整レイヤーの調整画面で、自動調整をクリックします。

monochrome4

属性パネル 「白黒」調整レイヤーの調整画面

monochrome5

「白黒」調整レイヤーを乗せて「自動調整」をクリックした状態

 白黒調整レイヤーの各色のスライダーを動かして、良い仕上がりになるように調整します。

 レッドイエローは人の顔の明るさに大きく影響するので、プラス側に動かすと顔が明るくなりやすいです。

 その他、カラー写真では違う色の部分がモノクロにしたときに同じ濃さになってしまわないよう、各色のスライダーを動かして調整します。

monochrome6

調整した状態の白黒調整レイヤーの画面

monochrome7

白黒調整レイヤーのスライダーを調整した状態

調整レイヤーでレンジ、明るさ、コントラストの調整

 さらにレベル補正調整レイヤー、トーンカーブ調整レイヤーなどを乗せて、レンジ、明るさ、コントラストを調整して仕上げます。

monochrome9

レベル補正調整レイヤーの画面

monochrome10

トーンカーブ調整レイヤーの画面

monochrome11

レンジ、明るさ、コントラストまで調整した状態

 これで見た目はモノクロ写真に仕上がりました。

 現時点で、データはRGB画像です。
 RGB画像のままで、見た目はモノクロ写真として仕上がった状態です。

 RGBモードの画像でも気にせずにとりあえずPSDで保存します。

方法2 Camera Rawを使う方法

Camera Rawフィルターでグレースケール化

 JPGなどの写真のデータをPhotoshopで開きます。

 [ レイヤー > レイヤーを複製 ]と進み、背景レイヤー複製します。

 レイヤーパネル上で複製したレイヤーを選択し、[ レイヤー > スマートオブジェクト > スマートオブジェクトに変換 ]と進み、複製したレイヤーをスマートオブジェクトに変換します。

monochrome12

背景をコピーしてスマートオブジェクトにした状態

 背景をコピーしたレイヤーを選択し、[ フィルター > Camera Rawフィルター ]と進み、Camera Rawフィルターの画面を開きます。

monochrome13

Camera Rawフィルターの画面

 「HSL/グレースケール」のタブをクリックします。

 グレースケールにチェックを入れます。
写真がグレースケールになります。

monochrome14

Camera Rawフィルターでグレースケールにした状態

 グレースケール化の調整をする前に、基本調整タブをクリックし、露光量スライダーを動かして写真の明るさをおおまかに調整しておきます。ざっとでいいです。

monochrome15

露光量スライダーで写真全体の明るさをおおまかに調整する

 「HSL/グレースケール」のタブをクリックします。

 「グレースケールミックス」の各色スライダーを動かして、モノクロ写真が良い仕上がりになるよう調整します。

 オレンジイエローレッドのスライダーは人の顔の明るさに大きく影響するので、プラス側に動かすと顔が明るめになります。ただしプラスに動かし過ぎると立体感が失われたりノイズが浮き出てきたりするので、そうならないように加減します。

 その他、カラー状態で別の色のものがモノクロ写真にした結果同じ濃さになって区別がつかなくなることのないように、スライダーを動かして調整します。

monochrome16

グレースケールミックスのスライダーを調整

Camera Rawフィルターでレンジ、明るさ、コントラストの調整

 基本調整タブをクリックします。

 露光量のスライダーで写真全体の明るさを調整します。

 左のプレビュー画面には白飛びしている場所に白飛び警告の赤色が表示されます。ハイライトのスライダーを、プレビュー画面の白飛びの警告の赤い部分が消えるまでマイナス側に動かします。

 暗い部分が暗すぎる場合は、シャドウのスライダーをプラス側に動かして暗い部分を明るくします。

monochrome17

露光量、ハイライト、シャドウの調整

monochrome18

露光量、ハイライト、シャドウを調整した状態

 トーンカーブのタブをクリックします。

 パラメトリックタブ内で、ダークのスライダーをマイナス側に動かして、ヒストグラムのシャドウ側を詰めてシャドウを引き締めます。

 トーンカーブ中央のスライダーを右に動かして、コントラストを強めます。

monochrome19

トーンカーブでコントラストの調整

 基本調整タブで、明瞭度を上げて、写真のコントラストを高めます。目安は10〜30くらいです。写真によっては必要無い場合も、50くらいかけた方が良い場合もあります。

monochrome20

明瞭度を高める

 露光量ハイライトシャドウトーンカーブの微調整を繰り返して、写真を良い仕上がりにします。

 OKをクリックしてCamera Rawフィルターの調整を完了します。

 さらに微調整が必要なら、レベル補正調整レイヤーなどを乗せて微調整します。

 Camera Rawフィルターをかけたレイヤーはスマートオブジェクトにしてあるので、Camera RawフィルターダブルクリックすればCamera Rawの調整内容を修正できます。

monochrome22

調整完了時点のレイヤーパネル

monochrome21

仕上がったモノクロ写真

 これで見た目はモノクロ写真が完成しました。

 この時点で画像データはRGBデータです。
 RGBデータで見た目がモノクロに仕上がった状態です。

 RGBモードでも気にせずにとりあえずPSDで保存します。

カラーマネージメント技術は人のためにある

ぜひお読み頂きたい外部サイトの記事
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び

目次1 1 伝えたいこと2 2 被害の実相2.1 (1)歩行者や自転車の被害は「通り魔殺人」的被害。「事故」ではなく「交通犯罪」2.2 (2)交通被害は死亡事件だけでなく深刻な後遺障害も。重傷は死亡の

blankremember-chihiro.info

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

完成したモノクロ写真のデータの使い方

プリンターで印刷する場合

サイズ変更とシャープネス処理

 保存したRGB状態のモノクロ写真をPhotoshopで開きます。

 [ レイヤー > 画像統合 ]と進み、画像統合します。

 [ イメージ > 画像解像度 ]と進み、印刷するサイズに画像サイズを変更します。
解像度は、プリンターで印刷する場合は200〜350dpiくらいが無難です。

 [ フィルター > シャープ > ]と進み、アンシャープマスクスマートシャープシャープネスをかけます。

プリンター出力

通常のカラーマネジメントを行なって印刷

 モノクロの写真であっても、通常のカラーマネジメントを行なって印刷してもよいでしょう。

 ただし、画像データが完全に無彩色のデータ、またはグレースケールのデータでも、通常のカラー写真と同じようにプリンタープロファイルを使って印刷すると完全な無彩色ではなく多少色が付いた感じに印刷されるかもしれません。

 冷黒調なり温黒調なり、希望する色合いに仕上げてカラーマネジメントを行なって印刷すると、ある程度希望した色で印刷できるでしょう。

プリンタードライバーに任せて印刷

 無彩色のデータを通常のカラーマネジメントを行なって印刷しても完全な無彩色で印刷されるとは限らないため、難易度は高いです。

 そこで、モノクロの写真を印刷する場合はプリンタードライバーで色管理を行ってもよいでしょう。

 アプリケーションソフト側のプリント設定で「プリンターによる色管理」などを選びます。
 プリンタードライバーで「カラー」ではなく「モノクロ写真」「グレースケール」などの設定にして印刷してみます。
 プリンターの機種によってはプリンタードライバー上でモノクロ写真の色合いを変更できるものもあります。

 プリンターメーカー純正紙を使えばある程度予想に近い印刷結果になるかもしれません。
 一方、プリンター純正紙以外の用紙を使ってプリンタードライバーによる色管理で印刷する場合は、用紙ごとの印刷結果を測定して補正をかけるわけではないので、予想と異なる印刷結果になるかもしれません。
 用紙によってかなり薄くなったり、かなりセピアのような色になる、といったこともあります。

参考記事

blank
写真、画像の解像度変更・サイズ変更の方法 〜pixel、mm、dpi〜

 写真に最適なシャープネス処理をするには、画像データのサイズ変更が必要です。  写真をウェブにアップするとき、画像サイズを変更したいときもあるでしょう。  画像データのサイズはpx、mmなど何種類も表 ...

blank
Photoshopでシャープネス処理をする手順

 デジカメで撮影した写真はそのままではシャープさが足りないので、たいていシャープにする処理をします。  シャープにする処理は、撮影したままのデータに施してもうまくいきません。  ここではAdobe&r ...

1色印刷用のレイアウトデータに配置するグレースケール画像にする場合

 保存したRGB状態のモノクロ写真をPhotoshopで開きます。

 [ レイヤー > 画像統合 ]と進み、画像統合します。

 [ 編集 > プロファイル変換 ]と進み、依頼先の印刷所から教えてもらったドットゲインに対してプロファイル変換します。

monochrome23

印刷のドットゲインに変換(図はドットゲイン15%の場合)

適切なドットゲインを選ばないと濃すぎたり薄すぎたりする仕上がりになる

 適切なドットゲインを選んでグレースケール画像に変換することで、印刷するときの網点の太り方に応じた網点%になります。
 そのため、印刷の条件と全然違うドットゲインを選んでしまうと、印刷結果の写真の仕上がりが濃すぎたり薄すぎたりしてしまいます。

 例えば、「Dot Gain 25%」でグレースケールに変換して、実際にはドットゲイン15%くらいの条件で印刷すると、かなり薄すぎる仕上がりになってしまいます。

参考記事

blank
モノクロ・グレースケール画像はどう「カラーマネジメント」するか?

 カラーの写真を作るなら、プロファイルはsRGBかAdobeRGB、CMYKならJapna Color 2001 Coatedあたりにしておけば何とかなる場合が多いでしょう。  一方、モノクロ写真のプ ...

 [ イメージ > 画像解像度 ]と進み、印刷するサイズに画像サイズを変更します。

 解像度は、普通は350dpiにしておけば足ります。

参考記事

 [ フィルター > シャープ > ]と進み、アンシャープマスクシャープネスをかけます。

参考記事

 PSDEPSなどで保存します。
 何か事情がなければJPGTIFなどで保存してもたいていはレイアウトソフトに配置できます。

 以上、カラー写真の画像データからモノクロ写真を作成する方法をご紹介しました。

参考記事

Photoshopの本

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

blank

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

関連するコンテンツ

-グレースケール・モノクロ画像の知識, Photoshopの使い方
-, , , ,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜