商品写真の色の悩み ビジネスパーソンの文具雑貨

アイヌ文様の刺繍のブックカバーの写真の色調補正をしてみる

投稿日:2019年10月28日 更新日:


 人物や景色の写真なら、色を大いに演出しても良いでしょう。
 一方、商品写真はあまり演出すると写真と実物が違ってしまい支障がでるので、実物と写真ができるだけ同じ色になるよう仕上げたい場合が多いでしょう。

 ここではブックカバーの写真の色補正を行ってみます。

撮影する商品 アイヌ文様の刺繍のブックカバー

 撮影する商品は、アイヌ文様の刺繍のブックカバー(文庫サイズ)です。

 藤野ワークりこぴんずの皆さんが真心こめて手作りした、温かみあふれる品です。

 私も愛用していますし、以下のような方々におすすめします。

  • 通勤列車でいつも本を読んでいるビジネスパーソンのみなさん
  • 職場で昼休みにいつも本を読んでいるビジネスパーソンのみなさん
  • 休日に列車で出かけるときにいつも本を読んでいるみなさん
  • 各種の会合の待ち時間にいつも本を読んでいるみなさん
  • 病院の待ち時間にいつも本を読んでいるみなさん
  • 知人から借りた本を汚れから守らなければならないかた

参考ウェブサイト

ブックカバーの写真を撮影して実物と近い色に仕上げる

1.撮影する場所を作る

 下に紙を敷いたり、ディフューズボックスを使う場合はセットしたり、照明をセットしたりと、撮影する環境を作ります。

2.カラーターゲットを撮影

 X-Rite® ColorChecker Passport Photo2など、カメラプロファイルに類するものを作成できるカラーターゲットを商品の代わりに置いてRAWで撮影します。

 適正なカラーバランスで、カラーターゲットの一番暗いパッチと一番明るいパッチが飛んだりつぶれたりしないように適正な露出で撮影します。

3.ColorChecker付属のアプリケーションソフトでDNGプロファイルを作成

 カラーターゲットを撮影したRAWデータをCameraRawなどで開いて、ターゲットの一番暗いパッチも一番明るいパッチも飛んだりつぶれたりしていないことを確認します。

 ホワイトバランスも何も操作せず、dngファイルとして保存します。

カラーターゲットを撮影したRAWデータをdngファイルで保存

 ColorChecker付属のColorCheckerカメラキャリブレーションを起動し、DNG、ヂュアルイルミナントDNG、ICC-TIFのうちDNGを選び、ウィンドウにdngファイルをドラッグ&ドロップします。

ColorCheckerカメラキャリブレーションの画面

 アプリケーションソフトがパッチを正しく認識したら、「プロファイルの作成」をクリックし、照明環境などをプロファイル名に含めて名前を付けて保存します。

 これでDNGプロファイル作成は完了です。

4.商品を撮影

 DNGプロファイル作成用にカラーターゲットを撮影したときと同じ照明環境で刺繍ブックカバーをRAWで撮影します。

5.RAW現像の作業

 撮影時の照明が5000Kなら、モニターも5000Kで作業します。
 撮影時の照明が6500Kなら、モニターも6500Kで作業します。

 撮影したRAWデータをCameraRawなどで開き、プロファイル欄で自作したDNGプロファイルを指定します。
 少し見た目が変わります。

CameraRawなどでDNGプロファイルを指定

 プリンタープロファイルやディスプレイプロファイルと違い、カメラのプロファイルを指定しただけでは寸分たがわず実物と同じ見た目にはなりません。
 気にせず進みます。

 ホワイトバランスを調整します。
 カラーターゲットを撮影したRAWデータを使ってホワイトバランスの数値を割り出すこともできます。
 ただし、カラーターゲットの無彩色のパッチを使ってホワイトバランスをとったからといって、申し分なくニュートラルな状態にまではならないかもしれません。
 気にせず進みます。

 「レンズ補正」の「プロファイル」タブで、「色収差を除去」「プロファイル補正を使用」にチェックを入れます。
 「プロファイル補正を使用」にチェックを入れるとレンズの歪みや周辺光量が補正されますが、どのくらい適用するかはお好みによります。
 100%適用すると好ましくない場合は少し弱めたり、適用するのをやめたりします。

自動のレンズ補正などを行う

 軽く露光量、テクスチャ、明瞭度などを調整します。

 商品写真は結構明るいものが好まれるかもしれませんが、明るくすると元々白い部分の階調が失われそうになります。
 そこで補正ブラシを使って部分的にハイライトを下げるなどの処理をします。

 psdで画像を書き出します。

軽く調整してpsdで書き出す

6.Photoshopで補正作業

 撮影時の照明が5000Kなら、モニターも5000Kにし、5000Kの照明で商品を見ます。
 撮影時の照明が6500Kなら、モニターも6500Kにし、6500Kの照明で商品を見ます。

 理屈に則って撮影して現像しても、寸分たがわず実物と同じ色とまではいかないため、Adobe® Photoshop®で調整します。

 Photoshopでpsdファイルを開きます。

 ホワイトバランスが好ましくなければ、補正します。

 背景などでほぼ無彩色にもかかわらず微妙に色がついて色かぶりしているように見えてしまうようなものは、選択して無彩色にしてしまうなどします。

 カメラプロファイルを適用しただけでは色が実物と異なる場所が結構たくさんあります。
 範囲を選択したり特定の色のみ選択したりして選択的に色補正を行って実物と色を近づけます。

 同じ商品でも明るいところでみれば彩度が高めに、暗いところで見れば彩度が低めに見えるので、一般的にお客さんが商品を見る平均的な明るさを推測して商品を観察する明るさを調節します。

 調整が終わったらPSDで保存します。

7.完成品の画像データを書き出す

 用途に合わせてサイズ変更、プロファイル変換、シャープネス処理などを行い、用途にあった画像形式で画像データを保存し完成です。

アイヌ文様の刺繍ブックカバー1

刺繍ブックカバーの内側の面

アイヌ文様の刺繍ブックカバー販売店

 アイヌ文様の刺繍ブックカバーは通勤列車でいつも本を読んでいるビジネスパーソンに最適です。

実物と写真の色が近く見える条件

 5000Kの照明で撮影し、5000Kの照明で実物を見て、5000Kのモニターで調整した写真は、5000Kの照明で見た商品と近い色になっています。

 6500Kの照明で撮影し、6500Kの照明で実物を見て、6500Kのモニターで調整した写真は、6500Kの照明で見た商品と近い色になっています。

 5000Kの照明で撮影し、5000Kの照明で実物を見て、5000Kのモニターで調整した写真を6500Kのモニターに表示する場合、6500Kの照明で商品を見るとある程度近い色に見えます。

 6500Kの照明で撮影し、6500Kの照明で実物を見て、6500Kのモニターで調整した写真を5000Kのモニターに表示する場合、5000Kの照明で商品を見るとある程度近い色に見えます。

 以上、アイヌ文様の刺繍のブックカバーの写真の色補正を行ってみました。

参考ウェブサイト

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

消費税特集

 消費税10%と複数税率に伴って導入が予定されているインボイスの影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

当事務所の紹介

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-商品写真の色の悩み, ビジネスパーソンの文具雑貨
-, , , , , , ,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.