カラーマネジメントの理屈

AdobeRGBのデータを扱えるか? 決め手はモニターではなくソフトの方

投稿日:2016年9月20日 更新日:

eyecatch_adobergb_display
 AdobeRGBの色域を表示可能なディスプレイがなければAdobeRGBのデータは扱えないという誤解も多く見られます。

 ここでは、AdobeRGBのデータを扱えるかどうかの決め手はディスプレイの色域ではなく、データを扱うソフトウェアの方であることをご説明します。

アプリケーションソフトがICCカラープロファイルを解釈できるならAdobeRGBのデータを扱える

 データはカラープロファイルを埋め込めば絶対的な色を持てます。絶対的な色を持たせられるおかげでカラーマネジメントが実現しています。

 Adobe® Photoshop®など、カラーマネジメントに対応しているアプリケーションソフトはICCカラープロファイルを解釈でき、データが持っている絶対的な色を理解して扱うことができます。

 カラーマネジメント対応のアプリケーションでデータを扱えば、ディスプレイプリンターCTP+印刷機、などが色域が狭くても広くても壊れていても、AdobeRGBのデータ自体は正確に扱えます。

AdobeRGBのデータを狭い色域のディスプレイで表示するとどうなるか

 Photoshopなどのカラーマネジメント対応のアプリケーションソフトで開いたAdobeRGBのデータを、AdobeRGBよりずっと狭い色域しか表示できなディスプレイで表示した場合は次のようになります。

 AdobeRGBからディスプレイの表示特性を示すカラープロファイルにプロファイル変換に相当する変換処理が行われたうえで、ディスプレイに表示されます。

 その結果、データに存在する色のうちディスプレイの色域外にあり表示しきれない色は、表示できる範囲の色に置き換えられます。
(これは通常のプロファイル変換でも行われることです。そのように色域が異なるデバイス間で色を渡していくのがカラーマネジメントというものです。)

 適正にプロファイル変換をして表示を行っているので、色域は狭いものの、正確な色で表示されています。

※ただし、キャリブレーションをとれていないディスプレイの場合、「ディスプレイの表示特性を示すカラープロファイル」が正確に表示特性を示せていないので、正確な色が表示できません。

AdobeRGBのデータを色域の狭いプリンターで出力するとどうなるか

 AdobeRGBのデータをAdobeRGBよりずっと色域の狭いプリンターで出力した場合、次のようになります。

 AdobeRGBのデータから、プリンターの出力の特性を示すカラープロファイルへプロファイル変換に相当する変換処理が行われた上で、プリンター出力されます。

 そのとき、元のデータに存在する色のうちプリンターの色域外にあり表現できない色は、プリンターの色域で表現できる色に置き換えられます。
(カラーマネジメントはそのようにして異なる色域のデバイス間でデータを渡していくしくみです。)

 適正にプロファイル変換をしてプリンター出力が行われいるので、色域は狭いものの、正確な色でプリンター出力が行われています。

※ただし、プリンターのキャリブレーション、出力プロファイル作成が行われていない場合、「プリンターの出力特性を示すカラープロファイル」が正確に出力特性を示せていないので、正確な色で出力はできません。

AdobeRGBのデータから狭い色域のオフセット印刷を行うとどうなるか

 AdobeRGBのデータから、狭い色域のオフセット印刷を行った場合、次のようになります。

 オフセット印刷の場合、「CTP+印刷機」で一個のCMYKプリンターと考えれば、普通のプリンターと同じく考えることができます。

 まず、CTPにデータを送る前に、AdobeRGBから印刷機と用紙に対応するCMYKカラープロファイルへプロファイル変換します。

 プロファイル変換した結果、元のデータに存在する色のうちCMYKカラープロファイルの色域外にありオフセット印刷で表現できない色は、表現できる色域内の色に置き換えられます。
(プロファイル変換というのはそういうものです。)

 オフセット印刷で表現可能な色域にプロファイル変換したCMYKデータを「CTP+印刷機」に送って印刷を行います。

 完成品の印刷物は、元のデータより色域は狭くなっているものの、適正にプロファイル変換を行って印刷しているので正確な色で印刷されています。

※ただし、JapanColor標準印刷の条件で印刷を行いJapanColor2011などのCMYKプロファイルを使用する、または自社独自の印刷条件と独自のCMYKプロファイルを使用する、というように印刷の標準化を適正に行っていない場合、CMYKプロファイルが印刷の特性を示せていないので、正確な色で印刷はできません。

結論

 以上の説明のように、カラーマネジメントは表現できる色域の異なるデバイス間で色を受け渡しできる仕組みであり、アプリケーションソフトがカラーマネジメントに対応していれば、ディスプレイの色域に関係なくAdobeRGBのデータが扱えます。

 以上、AdobeRGBのデータを扱えるかどうかの決め手はディスプレイの色域ではなく、データを扱うソフトウェアの方であることをご説明しました。

スポンサーリンク

当ブログ参考記事

Adobe® Photoshop®

当事務所の色補正・フォトレタッチサービス

 芸術センスでは解決できない写真の色補正、フォトレタッチ、画像関連のご相談等をお寄せいただけますと幸いです。

ムック

カラーマネジメントの本

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

-カラーマネジメントの理屈
-,

Copyright© カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜 , 2019 All Rights Reserved.