カラーマネジメント対応ソフトの操作 Photoshopの使い方 画像データの知識

Adobe® Stockの写真素材を開く時、プロファイルはどう扱うべきか

2020年7月1日

 Adobe® Stockで写真素材を購入するケースは多いでしょう。
 Adobe Stockの写真を開いてみると、色が正常に表示されない場合が結構あります。

 ここではAdobe Stockで購入した写真のデータを使う時、画像のプロファイルをどう扱うと良いかをみてみます。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ

Adobe Stockで購入した写真の画像データのプロファイルを見てみる

 Adobe Stockで購入した写真の画像データのプロファイルはどうなっているのかをみてみます。

sRGB埋め込みの画像データが結構ある

 Adobe Stockで購入したおよそ40点くらいの写真の画像データをAdobe® Photoshop®で開いてみると、sRGBプロファイル埋め込みのデータがいくらか見つかります。

Photoshopの情報パネル 現在のデータのカラープロファイルの表示(sRGBの場合)

 カラープロファイルが埋め込まれているなら、その画像データは色が明確に示されています。
 ややこしいことは何も考えず、普通に使えます。

埋め込みプロファイルのない画像データがたくさんある

 sRGB埋め込みのデータの他に、埋め込みプロファイルのない画像がたくさんあります。

Photoshopの情報パネル 現在のデータのカラープロファイル(プロファイルが埋め込まれていない場合)

 カラープロファイルが埋め込まれていない画像データは、どのような色かが明確には示されていないデータです。
 そこで、正常な色で使用するためには一作業加える必要があります。

以上の2種類があった

 購入したおよそ40点ほどの画像データをみた限りでは、プロファイルに関して上記の2種類の画像データがありました。

カラーマネージメント技術は人のためにある。
命の尊厳について学ぶサイト

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

Adobe Stockの写真を使うときの、プロファイルに関する操作の一例

 Adobe Stockの写真を正常な色で使うための、カラープロファイル関連の操作の一例をあげてみます。

 Photoshopで画像データを開いて、状態を確認し、処理が必要なら処理を加えます。

Photoshopのカラー設定

 Photoshopのカラー設定は、プリセットの「プリプレス用-日本2」に設定している場合がかなり多いでしょう。

 そこで、ここで示す例でもカラー設定を「プリプレス用-日本2」にしておきます。

Photoshopのカラー設定 プリセット「プリプレス用-日本2」にした状態

画像データを開く

 PhotoshopでAdobe Stockで購入したデータを開きます。

「埋め込まれたプロファイルの不一致」のダイアログが表示された場合

 「埋め込まれたプロファイルの不一致」のダイアログが表示された場合は、「作業用スペースの代わりに埋め込みプロファイルを使用」を選択してOKをクリックします。

「埋め込まれたプロファイルの不一致」のダイアログ

 画像データは埋め込みプロファイルを使用して正常な色で開かれます。

埋め込みプロファイルを使用して、正常に開かれた画像

 「情報」パネルでこの画像に今適用されているカラープロファイルが確認できます。

Photoshopの情報パネル 現在のデータのカラープロファイルの表示(sRGBの場合)

 この例ではsRGBプロファイル埋め込みの状態の画像データを開いたので、そのままsRGBを使用して、正常な色で開きました。

 sRGB以外のプロファイルのデータとして使いたければ、プロファイル変換します。
 例えばAdobeRGBの画像データとしてレイアウトソフトのAdobeRGBのドキュメント上に配置したい、などの場合はAdobeRGBにプロファイル変換します。

当ブログ参考記事

 PSDなど、都合の良い形式で保存します。

当ブログ参考記事

「プロファイルなし」のダイアログが表示された場合

 「プロファイルなし」のダイアログが表示された場合は、以下の操作に進みます。

「プロファイルなし」のダイアログ

「プロファイルなし」のダイアログが表示された場合の対応方法

 画像データを開いて「プロファイルなし」のダイアログが表示された場合は、「そのままにする(カラーマネジメントなし)」を選択し、OKをクリックします。

「プロファイルなし」のダイアログ

プロファイルのない画像データの例1

 例として以下の画像データを開きました。
 「プロファイルなし」のダイアログが表示され、「そのままにする(カラーマネジメントなし)」を選択しました。

プロファイルを埋め込まれていない画像データを開いた例

 「そのままにする(カラーマネジメントなし)」で開いたので、情報パネルのカラープロファイルの表示欄にカラープロファイル名は表示されず、「タグのないRGB」と表示されています。

Photoshopの情報パネル 現在のデータのカラープロファイル

 「プロファイルなし」のダイアログが表示されたので、この画像はまだどのような色空間で作られた画像なのか不明な状態です。

 Photoshopのメニューから[編集>プロファイルの指定]と進み、「プロファイルの指定」のダイアログを表示します。

「プロファイルの指定」のダイアログ

 「プロファイル:」の欄にいろいろなプロファイルを指定してみて、この画像データの本来の色空間を探します。
 ほとんどの場合sRGBかAdobeRGBのいずれかです。

 まずsRGBを指定してみて、プレビューにチェックを入れます。
 OKはまだクリックしません。

sRGBを指定して、プレビューにチェックを入れる

sRGBを指定してプレビューした状態

 sRGBを指定してみると、彩度が低く、本来の色ではなさそうに見えます。

 次にAdobeRGBを指定してみます。

AdobeRGBを指定して、プレビューにチェックを入れる

AdobeRGBを指定して、プレビューした状態

 AdobeRGBを指定してみると、sRGBを指定した時に比べて彩度が上がって適度な彩度になり、色も自然な感じになりました。

 以上の操作で確認した見た目から考えて、おそらくこの写真はAdobeRGB色空間で作成された画像データなのだろう、と判断します。

 「プロファイルの指定」のダイアログでAdobeRGBを指定した状態で、OKをクリックしてプロファイルを指定します。

AdobeRGBを指定した状態

 「情報」パネルのカラープロファイル表示欄にAdobeRGBが表示されました。

情報パネル

 AdobeRGB以外のプロファイルのデータとして使いたければ、プロファイル変換します。
 sRGBの画像データにしてウェブ上で使用したい、などの場合はsRGBにプロファイル変換します。

当ブログ参考記事

 あとは、PSDなど都合の良い形式で保存します。

当ブログ参考記事

プロファイルのない画像データの例 2

 例として以下の画像データを開きました。
 「プロファイルなし」のダイアログが表示され、「そのままにする(カラーマネジメントなし)」を選択しました。

プロファイルを埋め込まれていない画像データを開いた例

 「そのままにする(カラーマネジメントなし)」で開いたので、情報パネルのカラープロファイルの表示欄にカラープロファイル名は表示されず、「タグのないRGB」と表示されています。

Photoshopの情報パネル 現在のデータのカラープロファイル

 「プロファイルなし」のダイアログが表示されたので、この画像はまだどのような色空間で作られた画像なのか不明な状態です。

 Photoshopのメニューから[編集>プロファイルの指定]と進み、「プロファイルの指定」のダイアログを表示します。

「プロファイルの指定」のダイアログ

 「プロファイル:」の欄にいろいろなプロファイルを指定してみて、この画像データの本来の色空間を探します。
 ほとんどの場合sRGBかAdobeRGBのいずれかです。

 まずsRGBを指定してみて、プレビューにチェックを入れます。
 OKはまだクリックしません。

sRGBを指定して、プレビューにチェックを入れる

sRGBを指定してプレビューした状態

 sRGBを指定してみると、彩度も色も自然に見えます。

 次にAdobeRGBを指定してみます。

AdobeRGBを指定して、プレビューにチェックを入れる

AdobeRGBを指定して、プレビューした状態

 AdobeRGBを指定してみると、彩度が高すぎて不自然に見えます。

 以上の操作で確認した見た目から考えて、おそらくこの写真はsRGB色空間で作成された画像データなのだろう、と判断します。

 「プロファイルの指定」のダイアログでsRGBを指定した状態で、OKをクリックしてプロファイルを指定します。

sRGBを指定した状態

 「情報」パネルのカラープロファイル表示欄にsRGBが表示されました。

情報パネル

 sRGB以外のプロファイルのデータとして使いたければ、プロファイル変換します。
 例えばAdobeRGBの画像データとしてレイアウトソフトのAdobeRGBのドキュメント上に配置したい、などの場合はAdobeRGBにプロファイル変換します。

当ブログ参考記事

 あとは、PSDなど都合の良い形式で保存します。

当ブログ参考記事

 以上、Adobe Stockで購入した写真のデータを使う時のプロファイルの扱い方の一例をご紹介しました。


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

Photoshopの本

カラーマネジメントの本

フォトレタッチの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント対応ソフトの操作, Photoshopの使い方, 画像データの知識
-, , ,

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜