カラーマネジメントの基本

パソコンのモニターの色や明るさを調整する方法

2017年12月14日

 写真やグラフィックのデータなどをパソコンで扱うとき、ディスプレイの表示色が正しくないと作業に支障があります。
 ディスプレイの表示特性を何となく調整していると、だんだん何が正しい状態か分からなくなってきます。

 ここでは、パソコンのディスプレイの色を調整する方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

 

調整方法1 ディスプレイを手動で調整する場合

ディスプレイの明るさの調整方法

印刷結果の写真の明るさに合わせるという方法

 写真の現像やレタッチをしたいときは、モニターの明るさを印刷結果の写真を見るときの明るさと同じくらいの明るさにすると作業しやすいです。

 具体的には、パソコンのディスプレイにワープロソフトで真っ白な新規ドキュメントを表示したり、デスクトップの壁紙を単なる白に設定するなどして真っ白なものを表示しておき、プリンターで使う用紙を見て、用紙と同じくらいの明るさに見えるようにパソコンのディスプレイの明るさを調節します。

真っ白な画面を表示したディスプレイの明るさを、白い紙の明るさに近づける。

真っ白な画面を表示したディスプレイの明るさを、白い紙の明るさに近づける。

ディスプレイの輝度[cd/m2]の数値で合わせるという方法

 もし、ディスプレイの明るさの設定欄の数値が単位[cd/m2]で表されているなら、80〜120[cd/m2]くらいの範囲で、目が疲れない見やすい明るさにすると無難です。

モニターの輝度調整欄の例

モニターの輝度調整欄の例

 職業でフォトレタッチなどの作業をしている人の多くが、だいたいそのくらいの範囲の明るさで作業しています。
 また、印刷結果の写真を部屋の照明下で見た時の明るさとも似た明るさになります。

参考記事

blank
モニターの輝度は何を基準に調整するべきか キャリブレーションの輝度目標の決め方

 モニターのキャリブレーションでは、輝度、白色点の色など、目標を自分で決めます。  このとき、何を基準に目標を決めれば良いか迷うことも多いのではないでしょうか。  ここでは、モニターキャリブレーション ...

ガンマの調整方法

 ガンマを調整する設定欄があるときは、2.2にするのが無難です。

 写真やグラフィックを扱うデバイスや、写真やグラフィックのデータの多くが、ガンマ2.2のディスプレイに合わせて作ってあるからです。

ガンマの設定欄の例

ガンマの設定欄の例

参考記事

blank
ディスプレイのキャリブレーション時 ガンマは2.2でたいてい問題ない

 ディスプレイのキャリブレーションをするとき、キャリブレーション目標のガンマの数値を自分で決める必要があります。  以前はWindowsは2.2、Macは1.8と言っていたものが、最近は2.2で良いら ...

コントラストの調整方法

 コントラストの設定欄があり、ディスプレイ表示の明暗比を設定できる場合もあります。

 写真やグラフィックのデータを扱う目的なら、何もせず初期設定のままが無難な場合が多いです。

色温度の調整方法

 ディスプレイの表示で最も代表的な色温度にしたい場合は、6500Kにするとよいでしょう。

 sRGBという選択肢があるなら、sRGBでもよいでしょう。

 たぶん、色温度の選択肢でsRGBを選んでも6500Kにしたときと似た状態になります。

 5000Kという選択肢があり、印刷業界などで標準になっている作業環境に合わせたい場合は、5000Kにしてもよいでしょう。

色温度の設定欄の例

色温度の設定欄の例

参考記事

blank
ディスプレイキャリブレーション 色温度の決め方 5000Kか6500Kか

 カラーマネジメント対応ディスプレイをキャリブレーションしたり、キャリブレーションツールを使って普通のディスプレイをキャリブレーションするとき、白色点の色を色温度などで決めなければなりません。  この ...

色合いの調整方法

 ディスプレイ表示の色合いの設定欄がある場合もあるでしょう。

 写真やグラフィックを扱う目的なら、色合いは初期設定のまま何もしないのが無難な場合が多いです。

自分なりに好みの表示に調整するのは避けたほうが無難

 ディスプレイの設定機能を使って自分好みに調整することができます。

 自分好みに調整すると、自分のディスプレイで作業する限りはある程度快適かもしれません。

 しかし、自分好みに適当に調整すると、自分のディスプレイ以外のデバイスでデータを扱った時に色が変わってしまいます。

 また、自分のディスプレイ以外のデバイスを使って作成されたデータを表示したときに、本来の色と違う色で表示される可能性も高くなります。

 そのため、とても作業がしにくくなります。

自分のプリンターで印刷すると色が変わるかもしれない

 ディスプレイを自分好みに適当に調整している場合、ディスプレイ以外のデバイスであるプリンターで印刷すると、ディスプレイ表示と違う色で印刷される可能性があります。

WEB上の写真の色が変に表示されるかもしれない

 WEB上の写真やグラフィックは、誰かが誰かのパソコン環境で作ったものです。

 当然ながら、自分のディスプレイではなく、誰かの作業環境でその人のディスプレイなどのデバイスを利用して作成されたでしょう。

 そのため、自分のディスプレイ以外のデバイスを使って作成されたデータなので、自分好みに何となく調整したディスプレイで表示すると本来の色と違う色に表示される可能性があります。

 ネット上にある、実はよい感じの色に仕上がっている写真を表示しても、変な色の写真に表示されるかもしれません。

店にプリントを依頼した時、思った色と違う色に仕上がるかもしれない

 店にプリントを依頼すると、店の各種デバイスで処理されて写真に仕上がります。

 自分のディスプレイ以外のデバイスを使って作成されるので、自分がディスプレイで見ていた色とは違う色の写真に仕上がる可能性があります。

カメラの液晶画面の色に合わせるのも良いやり方ではない

 デジカメで撮影後に自分で現像、レタッチをするため、パソコンのディスプレイをカメラの液晶画面の色に合わせるという方も多いかもしれません。

 ところが、現在のところカメラの液晶画面はカラーマネジメントされてはおらず、撮影結果などが大まかに判断できる程度に表示されているだけです。

 そのため、パソコンのディスプレイをカメラの液晶画面の色に合わせた場合、パソコンのディスプレイを自分好みに何となく調整したときと似た状況になります。

 プリンターで印刷したり、WEBに掲載したり、店にプリント依頼するなど、いずれの場合も自分のディスプレイで見ている色とは違う色になる可能性があります。

参考記事

blank
カメラ液晶画面を基準にPC画面を調整するとカラーマネジメントできない

 パソコンのディスプレイの表示を、カメラ背面の液晶モニターの表示に合わせて手動で調整しているケースがあります。  このようにパソコン画面を調整すると、もう通常のカラーマネジメントの仕組みは利用できませ ...

カラーマネージメント技術は人のためにある

ぜひお読み頂きたい外部サイトの記事
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び
【14】2019/7 高校講話レジュメ例 「命とクルマ、遺された親からのメッセージ」 - 交通死「遺された親」の叫び

目次1 1 伝えたいこと2 2 被害の実相2.1 (1)歩行者や自転車の被害は「通り魔殺人」的被害。「事故」ではなく「交通犯罪」2.2 (2)交通被害は死亡事件だけでなく深刻な後遺障害も。重傷は死亡の

blankremember-chihiro.info

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

調整方法2 sRGBの特性に合わせるという方法

 特別な機器を使わずにディスプレイを調整する場合、sRGBに合わせるのがよいでしょう。

 sRGBは現在のモニターやプリンターなどのデバイスで広く使われている標準色空間です。
 多くの人がsRGBを使っているので、自分のディスプレイもsRGBにしておくと多くの場面でうまくいきます。

 人にデータを渡したりWEBに掲載したりしても、だいたい思った通りの色に近い状態でデータのやりとりができます。

ディスプレイの色をsRGBに合わせる手順

 ディスプレイの色をsRGBに合わせる具体的な手順は、当ブログの以下の記事をご参照ください。

参考記事

blank
カラーマネジメントの知識なしで画面とプリンターの色を合わせる方法

 一般的な、ICCカラープロファイルを使用したカラーマネジメントによってパソコン画面とプリンターの印刷結果の色を合わせる方法は、精度はある程度高いですが結構ややこしい作業です。  それほど高い精度は求 ...

 

調整方法3 モニターキャリブレーションツールで調整するという方法

 ディスプレイのキャリブレーションという作業を行うと、ディスプレイの表示特性を正確に調整できます。

 ディスプレイのキャリブレーション作業は、モニターキャリブレーションツールを使って行います。

 機能が絞られた、簡易的なモニターキャリブレーションツールもあります。
 そういったツールを使えば、有名な基準に合わせてディスプレイを調整できます。

初級者向きキャリブレーションツールの例

blank

楽天市場 Amazon

blank

Amazon 楽天市場 ビックカメラ icon ソフマップ icon

ディスプレイのキャリブレーションの具体的な方法

 モニターキャリブレーションツールを使用したディスプレイのキャリブレーションの方法については、当ブログの以下の記事などをご参照ください。

参考記事

blank
初心者の方へ ディスプレイのキャリブレーションの方法

 カラーマネジメントについての説明、パソコン画面とプリンター出力のカラーマッチングの説明などには、必ずディスプレイのキャリブレーションの話が出てきます。  ディスプレイのキャリブレーションの方法にはい ...

blank
i1Display Studioでモニターキャリブレーション をする手順の一例

 価格と機能が手頃なモニターキャリブレーションツールにi1Display Studioがあります。  ここでは、i1Display Studioの使い方、モニターをキャリブレーションする実際の手順の一 ...

spyderxpro_tejun29
SpyderX Proの使い方 モニターキャリブレーションの手順の例

 価格が手頃なモニターキャリブレーションツールに、datacolorのSpyderX Proがあります。  ここでは、SpyderX Proでモニターをキャリブレーションする実際の手順をご紹介します。 ...

blank
i1 Display Proでモニターをキャリブレーションする方法 簡易モードで

 価格と機能が手頃なモニターキャリブレーションツールにi1Display Proがあります。  ここでは、i1Display Proの使い方、モニターをキャリブレーションする実際の手順をご紹介します。 ...

blank
カラーモンキースマイルの使い方 モニターキャリブレーションの方法

 X-Rite®のカラーモンキースマイル(Colormunki smile)は簡易的なモニターキャリブレーションツールです。  ここでは、カラーモンキースマイルでディスプレイをキャリブレーショ ...

blank
ColorMunki Displayの使い方 簡易モードでモニターキャリブレーションする方法

 価格と機能が手頃なモニターキャリブレーションツールにColorMunki® Displayがあります。  ここでは、ColorMunki Displayの使い方、簡易モードでモニターをキャリ ...

 以上、パソコンのディスプレイの色を調整する方法をご紹介しました。

参考記事

blank
カラーマネジメントの知識なしで画面とプリンターの色を合わせる方法

 一般的な、ICCカラープロファイルを使用したカラーマネジメントによってパソコン画面とプリンターの印刷結果の色を合わせる方法は、精度はある程度高いですが結構ややこしい作業です。  それほど高い精度は求 ...

blank
初心者の方へ ディスプレイのキャリブレーションの方法

 カラーマネジメントについての説明、パソコン画面とプリンター出力のカラーマッチングの説明などには、必ずディスプレイのキャリブレーションの話が出てきます。  ディスプレイのキャリブレーションの方法にはい ...

blank
カメラ液晶画面を基準にPC画面を調整するとカラーマネジメントできない

 パソコンのディスプレイの表示を、カメラ背面の液晶モニターの表示に合わせて手動で調整しているケースがあります。  このようにパソコン画面を調整すると、もう通常のカラーマネジメントの仕組みは利用できませ ...

モニターキャリブレーションツールの例

blank

楽天市場 Amazon

blank

楽天市場 Amazon ビックカメラ icon ソフマップ icon

blank

Amazon 楽天市場 ビックカメラ icon ソフマップ icon

カラーマネジメントの本

当事務所について

blank

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

関連するコンテンツ

-カラーマネジメントの基本
-, ,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜