カラーマネジメント対応ソフトの操作 PDFに関する記事

Acrobat Readerからプリンタープロファイルを使用して印刷する方法

2018年6月28日


 Adobe® Acrobat® はアプリケーション側でICCプロファイルを使ったカラーマネジメントをして印刷ができます。
 一方、Acrobat® Readerはアプリケーション側ではICCプロファイルを使ったカラーマネジメントを行って印刷することができません。

 しかし、OSのカラーマネジメントの機能を利用すれば、Acrobat ReaderでもICCプロファイルによるカラーマネジメントをして印刷することができます。

 ここでは、Acrobat ReaderからICCプロファイルを使用して印刷する方法をご紹介します。

ビジネスや創作活動を今後も続けていくための おすすめ
再生可能エネルギーを中心とした電力を供給する電力会社を選ぶときに便利なサイト。

power-shift.org  – 電気を選べば社会が変わる
power-shift.org  – 電気を選べば社会が変わる

power-shift.org

再エネ電力会社への切り替え方|power-shift.org

 

前提条件 Acrobat Readerで扱うPDFドキュメントはsRGBで作成しておく

 Acrobat Readerでは、詳しいカラーマネジメント関連の操作は行えません。

 そこで、Acrobat Readerで扱うPDFドキュメントはsRGB色空間で作成しておきます。

 sRGBは現在広く使われている標準色空間です。
 詳しいカラーマネジメントが行えないソフトで扱う色は、たいていユーザーが知らないうちにsRGB色空間で扱われています。

写真を撮るならsRGBで

 PDFドキュメントに配置するための写真などはsRGBで撮影し、完成させておきます。

 AdobeRGBとsRGBから選択できるデジカメを使う場合は、sRGBを選んでおきます。

 色空間の設定欄がないカメラの場合は、そのまま普通に撮影します。そうすればたいていsRGBのデータになります。

PDF書き出し元の文書はsRGBで作成する

 PDF書き出しする場合は、元のアプリケーションソフトで文書を作成することになるでしょう。

 文書を作成する場合、sRGBの文書として作成しておきます。

 PhotoshopやIllustratorなど、カラーマネジメントに対応したアプリケーションを使う場合は、カラー設定でRGBの作業用スペースをsRGBに設定しておきます。

 ワープロソフトなどカラーマネジメントに関する設定欄がないソフトを使う場合は、そのまま普通に作業します。
 そうすればたいていsRGBの文書になります。

 sRGBで文書を作成してPDF書き出しすれば、特殊な設定をしなければたいていsRGBのPDFドキュメントになります。

当ブログ参考記事

カラーマネージメント技術は人のためにある。

ぜひお読み頂きたい外部サイトの記事
講話記録「命とクルマ・・・遺された親からのメッセージ」 - スローライフ交通教育の会
講話記録「命とクルマ・・・遺された親からのメッセージ」 - スローライフ交通教育の会

11年目の命日 10月25日は11年目の命日でした。遺影が飾られた仏間は、今年も届けられたお花で一杯になりました。しかし、私たち家族にとって、 命日は実はそれほど特別な日ではありません。世間の慣わしの

remember-chihiro.info

 

ビジネスを今後も続けるための おすすめ

パリCOP21合意後の世界 - ダイベストメント、情報開示、訴訟リスク | Energy Democracy
パリCOP21合意後の世界 - ダイベストメント、情報開示、訴訟リスク | Energy Democracy

パリ協定が世界の投資・金融の分野に与えるインパクトは非常に大きい。すでに世界各地で企業や金融機関が気候変動をビジネス上のリスクとして認識し、化石燃料からの投資撤退(ダイベストメント)をはじめている。さ ...

www.energy-democracy.jp

Acrobat ReaderからICCプロファイルを使ったカラーマネジメントを行って印刷する

※以下の説明はMac®からEPSON®のプリンターに印刷する場合の例です。

操作 Acrobat RaderでPDFドキュメントを開きます。

操作 [ ファイル > プリント ]でプリントのダイアログを開きます。

Acrobat Reader側の設定

操作 「プリント」ダイアログの「詳細設定」をクリックします。

「プリント」の「詳細設定」をクリック

操作 「詳細設定」のダイアログで、「プリンターによるカラー指定」にチェックを入れ、それ以外は外しておきます。
 OKをクリックします。

「詳細設定」の設定

プリンタードライバーでカラーマネジメントの設定

操作 「プリント」ダイアログの「プリンター...」をクリックし、印刷設定のダイアログを開きます。

「プリント」ダイアログの「プリンター...」をクリック

操作 「プリンタ:」の欄で使用するプリンターを選びます。

使うプリンターを選択

操作 プルダウンメニューから「カラーマッチング」を選びます。

カラーマッチングを選択

プリンタープロファイルの設定

操作 「カラーマッチング」の欄でColorSyncを選び、プロファイルの設定欄でこれから印刷する用紙・プリンターの組み合わせに対するプリンタープロファイルを指定します。

プリンタープロファイルの設定

 このように設定することで、OSのカラーマネジメントの機能であるColorSyncにおいてICCプロファイルを使ったカラーマネジメントを行うことになります。

用紙、印刷品質などの設定

操作 プルダウンメニューで「印刷設定」を選び、用紙種類でこれから使用する用紙に最も近いものに設定し、印刷品質はお好みの設定にします。

 カラー調整は「色補正なし」になっていれば問題ありません。

※カラー調整が「色補正なし」になっていることで、プリンタードライバーは色補正を行わず、OSのカラーマネジメントの機能であるColorSyncでのみ色補正が行われます。

「印刷設定」の設定

操作 「プリント」をクリックしてプリントの設定を完了します。

印刷する

操作 「プリント」ダイアログで「印刷」をクリックし、印刷します。

 以上、Acrobat ReaderからICCプロファイルを使用して印刷する方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事

PDFを書き出すアプリケーションソフト

Vector PC Shop  Amazon

icon
icon


ビジネスの存続に関わる重要事項 消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入された「インボイス制度」の影響で、かなりの数のフリーランス等の個人事業主や中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
以下は当事務所加盟の商工会が制作したインボイスの説明動画とウェブページです。

※インボイス制度の本格実施は2023年10月

カラーマネジメントの本

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • ファッション誌の写真のレタッチ
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等
  • 写真・グラフィックのプリンター出力業務
      など

写真・グラフィック出力サービス

当事務所で、AdobeRGBの写真のデータからほぼAdobeRGBの色域を維持してプリンター出力を行う、といったような広色域プリンター出力サービスを行なっています。
一般的な銀塩プリントやプリンター出力のサービスでは対応してくれないような種々のプロファイル、種々の形式のデータにも柔軟に対応します。
写真・グラフィック出力サービス
写真・グラフィック出力サービス

広色域のプリンターで写真・グラフィック等を出力するサービスです。例えばAdobeRGBの写真をAdobeRGBのまま銀塩プリント相当の画質で出力したいときに便利です。

omoide-photo.jp

関連するコンテンツ

-カラーマネジメント対応ソフトの操作, PDFに関する記事
-, ,

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜