外出して心を休める

2019/10/11「りこぴんず」さん出張販売 於 大通の元気ショップ 手すきハガキ・アイヌ刺繍製品他

2019年10月1日

 2019年10月11日に、就労継続支援B型事業所 藤野ワーク「りこぴんず」さんが、札幌の大通の元気ショップで出張販売を行うそうです。

 「りこぴんず」さんは牛乳パックからの紙すきによるハガキ、しおり、マスコット、アイヌ刺繍を施した小物やバッグなどを製作、販売しています。

「りこぴんず」さんの元気ショップにおける出張販売の概要

 札幌の大通の元気ショップにおける「りこぴんず」さんの出張販売の概要は以下の通りです。

「りこぴんず」さん出張販売

  • 場所 元気ショップ(札幌市中央区大通西3丁目 地下鉄南北線大通駅 コンコース内)
  • 日時 2019年10月11日(金) 10:00〜15:00

りこぴんずさん公式サイト

元気ショップの場所

 札幌の大通の元気ショップは、札幌市営地下鉄「大通」駅のコンコースの真ん中あたりの結構わかりやすい場所にあります。
 セブンイレブンの隣です。

元気ショップ公式サイト

過去の「りこぴんず」さん出張販売の様子

 これまでに「りこぴんず」さんが元気ショップで行った出張販売の様子が、ツイッターの元気ショップ公式アカウントに投稿されています。

「りこぴんず」さんの取り扱い商品

 私が買ったことがあったり店頭で見かけて知っている範囲で、「りこぴんず」さんの取り扱い商品の一例を以下にあげてみます。

手すきハガキ

 飲料パックをリサイクルした手すき紙から作ったハガキです。

 手作りの温かみのあるハガキですので、知人へ送るはがきにも良いでしょうし、お客さんへの挨拶状などに使えば顧客関係性強化をはかれるでしょう。

手すきしおり

 飲料パックをリサイクルした手すき紙から作ったしおりです。

 こころなごむイラストが描かれており、通勤中に読む本や業務で必要な本で使えば疲れが癒されます。

手すき紙の人形

 飲料パックをリサイクルした手すき紙から作ったマスコット人形です。

 季節に合わせて各種の人形が販売されています。

 紙から作っているということですが、しっかり固められているので強度もあります。

 ねこ柴くんというキャラクターやその他、皆とてもこころなごむ表情をしたマスコットで、仕事の机などに飾れば疲れが癒されます。

アイヌ刺繍のコースター

 アイヌ刺繍を施したコースターです。

 布製で水を吸い取ります。仕事机に飲み物を置くときに最適です。

アイヌ刺繍のブックカバー

 アイヌ刺繍を施したブックカバーです。

 手作り品で温かみがあり、通勤中に読む本で使うのにも良いでしょう。

アイヌ刺繍のしおり

 アイヌ刺繍を施した布製のしおりです。

 布製で、普通の紙のしおりより厚みがあるので、頻繁に開いたり閉じたりするような業務上で使う本に挟むのも良いでしょう。

アイヌ刺繍のトートバッグ、ベレー帽など

 アイヌ刺繍を施したトートバッグ、ベレー帽など、各種のアイヌ刺繍入り製品を製作しています。

 オーダーメードも行っているらしいので、出張販売の会場で相談してみるのも良いでしょう。

アート書道作品

 自由な筆の使い方や書き方により、通常の書道とは異なる表現をするアート書道作品も多数制作されています。

 以上、2019年10月11日に「りこぴんず」さんが札幌の大通の元気ショップで行う出張販売について紹介しました。

当事務所について

平間フォトレタッチ事務所

写真や種々のデータの色の問題など、芸術センスでは解決できない画像の色補正、フォトレタッチ、その他当ブログで扱っているような分野のご相談をお寄せいただけますと幸いです。

最近の業務の例

  • 商品の色測定、商品写真の色調補正
  • 建築物の写真の明るさ・色補正、歪み補正、人物・電線・電柱・車等の不要物消去、空合成など
  • 建築物の写真の外壁等を指定色に変更する処理
  • 曇天時に撮影した建築物の写真を晴天時の写真に変更する処理
  • 素材用写真の明るさ調整・レタッチ
  • アイドル・タレント等の写真のレタッチ・切り抜き
  • 結婚写真の明るさ・色補正、レタッチ
  • ウェブ用・印刷物用のプロフィール写真のレタッチ
  • フィルムスキャン後のデータの色調補正等

など

消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入されるインボイス制度の影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会の制作による、インボイス等の説明動画とウェブページです。

関連するコンテンツ

-外出して心を休める

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜