カラーマネジメントの基本

カラーマネジメントの基本 商品写真の色の悩み

2021/1/13

DP1など、そのままでは色が良くないカメラはカメラプロファイルを使うと楽

 SIGMA®のDP1などは、撮影したままだと色があまり良くありません。そのためRAW現像するのも手間がかかります。  そういう場合は、カメラプロファイルを作って適用するととても現像作業が楽になります。 SIGMA®のカメラ「DP1」の写真に自作のカメラプロファイルを適用してみる  SIGMA®のDP1で撮影し、Adobe® Photoshop®のプラグインのCamera Rawの初期設定で現像すると下図のようになりました。 Camera Rawの初期設定で書き出し ...

ReadMore

カラーマネジメントの基本

2021/1/13

用紙メーカー提供のプリンタープロファイルの意味・役割とは

 プリンターメーカー純正紙用のプリンタープロファイルは、プリンターに付属しています。  これとは別に、用紙メーカーがプリンタープロファイルを提供している場合があります。  ここでは、用紙メーカーが提供しているプリンタープロファイルの意味や役割をご紹介します。 プリンタープロファイルは【プリンター】+【用紙】の組み合わせに対して最低1個必要  用紙が変わればプリンターの印刷結果の色も変わります。  そのため、プリンタープロファイルは【プリンター】+【用紙】の組み合わせに対して最低1個必要になります。 プリン ...

ReadMore

カラーマネジメントの基本

2021/1/14

モニターのキャリブレーションを行いたい場合に役立つ記事

 モニターのキャリブレーションを行いたい場合に役立つ記事をまとめました。  モニターキャリブレーションの初めの検討事項からキャリブレーション作業に至るまでの順に関連記事を掲載します。 カラーマネジメントモニターを使うか、普通の液晶モニターをキャリブレーションするか、検討する  まず、カラーマネジメントモニターを使うか、それとも普通の液晶モニターをモニターキャリブレーションツールでキャリブレーションするか、検討します。 カラーマネジメントモニターを使う場合  カラーマネジメントモニターを使う場合、どのような ...

ReadMore

カラーマネジメントの基本

2021/1/13

プリンタープロファイルは、プリンタに1個でなく紙の種類毎に1個必要

 プリンタープロファイルは、ディスプレイプロファイルよりも役目の理解や設定の仕方がややこしいです。  特に、プリンター出力結果は紙によっても変わるので、プリンタープロファイルと紙の関係もややこしいです。  ここでは、プリンタープロファイルとプリンター、用紙の関係をご説明します。 プリンタープロファイルはプリンターの印刷結果の色を記録したもの ディスプレイプロファイル、プリンタープロファイルなどは、デバイスプロファイル  ディスプレイプロファイルやプリンタープロファイルなどは、デバイスプロファイルというもの ...

ReadMore

もっと見る

カラーマネジメントツールの使い方

カラーマネジメントツールの使い方

2021/1/14

ColorMunki Displayの使い方 詳細モードでモニターキャリブレーションする方法

 価格と機能が手頃なモニターキャリブレーションツールにColorMunki® Displayがあります。  ここでは、ColorMunki Displayの使い方、モニターをキャリブレーションする実際の手順をご紹介します。 ColorMunki Displayを購入する  X-Rite「ColorMunki Display」を購入します。  ハードウェアキャリブレーションができるカラーマネジメントモニターは結構高価です。写真や映像を専門に扱う場合でなければ、高すぎるかもしれません。  一方、「Co ...

ReadMore

カラーマネジメントツールの使い方

2021/1/12

i1 Photo Pro2でプリンタープロファイルを作成する方法

 色々な用紙を使用してプリンター出力するとき、精度よくカラーマネジメントを行うためにはプリンタープロファイルを自作します。  X-Rite® i1 Photo Pro2は、一般的なインクジェットプリンターのようなRGBプリンターのプリンタープロファイルを作成できるツールです。  ここではi1 Photo Pro2を使用してプリンタープロファイルを作成してみます。 i1 Photo Pro2 X-rite エックスライト キャリブレーションツール i1Photo Pro 2 アイワン・フォトプロ2 ...

ReadMore

カラーマネジメントツールの使い方

2021/1/14

i1 Display Proの使い方に関する記事

 当ブログの、X-Rite® i1 Display Proの使い方に関する記事の一覧です。 i1 Display Proを紹介する記事 i1 Display Proの基本的な使い方に関する記事 少し複雑なモニターキャリブレーションなど PCモニターのキャリブレーション以外の用途 i1 Display Proを使うときのヒントになる記事 i1 Display Pro X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール i1Display Pro アイワン・ディスプレイプロ KHG10 ...

ReadMore

カラーマネジメント関連機器 カラーマネジメントツールの使い方

2021/1/14

色を正確に見るのに適した照明 Z-80PRO2 

 物の色は照明によって変わります。  そこで、色について人と正確に話すには、照明の基準を決めます。  物の色を確認するときに適した机用の照明、Z-80PRO2をご紹介します。 色を正確に見る時に使われる照明の光源はいくつかある よく使う光源  色を正確に見たい時に使う照明の光源は一種類に決まっているわけではありません。  一般的には、色温度6500Kで演色性が高い照明をよく使います。  印刷業界などでは、色温度5000Kで演色性の高い照明を使います。 反射原稿・印刷物の観察用の照明の規格  反射原稿・印刷 ...

ReadMore

もっと見る

カラーマネジメントの対応ソフトの操作

カラーマネジメント対応ソフトの操作 写真のスキャニング・データ化

2021/1/15

写真のスキャニング方法 を説明した記事一覧

 写真のスキャニング方法を説明した記事の一覧です。 紙焼き写真などの反射原稿のスキャニング に関する記事  紙焼き写真などの反射原稿をスキャニングする方法を紹介した記事です。  反射原稿は、プリントした写真や書類など、普通の照明の下で見るもののことです。 ※これに対し、光を透過させて見るネガフィルム、ポジフィルムなどは透過原稿といいます。 紙焼き写真等を、自動色補正してスキャンする方法(Mac、EpsonScan使用) を説明した記事  OSはMac®、EPSON®のスキャナー、スキャナー ...

ReadMore

カラーマネジメント対応ソフトの操作 Illustratorに関する記事

2021/1/12

Illustratorのカラー設定 カラーマネジメントに則った作業をするために

 Adobe® Illustrator®で作業するとき、カラー設定の内容が適切でないと色がおかしくなって、作業も終盤になってから何かおかしいと気づいても収拾がつかなくなります。  ここではカラーマネジメントに則った作業をするためのIllustratorのカラー設定についてご説明します。 Illustratorのカラー設定  一般的な教則本などの説明に則って作業する場合、Illustratorのカラー設定はプリセットの「プリプレス用-日本2」の内容で特に問題ないでしょう。 操作 [ 編集 > ...

ReadMore

カラーマネジメント対応ソフトの操作

2021/1/15

Macの「プレビュー」でプリンタープロファイルを利用して印刷する方法

 Macの付属ソフト「プレビュー」から、プリンタープロファイルを指定してカラーマネジメントを行なって印刷したい場合もあるでしょう。  ここでは「プレビュー」からプリンタープロファイルを自分で指定しカラーマネジメントを利用して正確に印刷する方法をご紹介します。 「プレビュー」からカラーマネジメントを行なって印刷する作業の流れ  Adobe® Photoshop®などの場合、アプリケーションソフトの印刷画面にカラーマネジメントの設定欄があり、アプリケーションソフトで色管理して印刷できます。   ...

ReadMore

もっと見る

カラーマネジメントでよくある疑問

カラーマネジメントでよくある疑問

2021/1/13

プリンター付属のプリンタープロファイルでは対応できなケースの例

 ディスプレイは自分でキャリブレーションしてディスプレイプロファイルを作ったりします。  一方、プリンターはプリンター付属のプリンタープロファイルを使うことがほとんどで、自作する機会が少ないです。  ここでは、プリンター付属のプリンタープロファイルでは対応できないケースにはどのようなものがあるかご紹介します。 ディスプレイやプリンターは、専用のデバイスプロファイルを使ってカラーマネジメントする  ディスプレイやプリンターをカラーマネジメントするためには、表示される色や印刷される色の特性を記録したデバイスプ ...

ReadMore

カラーマネジメントでよくある疑問

2021/1/13

ディスプレイのキャリブレーション時 ガンマは2.2でたいてい問題ない

 ディスプレイのキャリブレーションをするとき、キャリブレーション目標のガンマの数値を自分で決める必要があります。  以前はWindowsは2.2、Macは1.8と言っていたものが、最近は2.2で良いらしいと言われたりして迷う方も良いのではないでしょうか。  ここでは、ディスプレイのキャリブレーション目標のガンマどのように設定すると良いかご紹介します。 ディスプレイの入力:出力が1:1になれば良い CRTディスプレイに映像の信号を送ったら、送った映像より暗くなる  昔のブラウン管のCRTディスプレイに映像の ...

ReadMore

カラーマネジメントでよくある疑問

2021/1/14

モニターの輝度は何を基準に調整するべきか キャリブレーションの輝度目標の決め方

 モニターのキャリブレーションでは、輝度、白色点の色など、目標を自分で決めます。  このとき、何を基準に目標を決めれば良いか迷うことも多いのではないでしょうか。  ここでは、モニターキャリブレーションにおける輝度の目標の決め方をご紹介します。 ディスプレイの輝度は、紙やウェブブラウザなど、最終出力の明るさに合わせると良い  ディスプレイの輝度は、紙やウェブブラウザなど、パソコンで扱う写真・グラフィック等の最終出力の明るさに合わせるのが適切です。 明るさが同じくらいの方が同じ色に見える  プリント写真であれ ...

ReadMore

もっと見る

分野ごとの記事一覧のページ

カラーマネジメントにおける照明


色を扱う事務所の天井の照明を、色評価用の高演色LEDに変えるには

 写真やグラフィックデザインの仕事をしたり、色が重要な商品を扱う場合などは、色を正確に見る必要があります。  家庭用と違い、事務所の天井照明に使える高演色LED照明は色々な会社で製造されています。   ...


D65の光で作業したい 6500Kの色比較・検査用高演色蛍光ランプ

 印刷関連業界では、多くの場合色評価用の照明に5000Kの高演色照明を使用します。  一方、それ以外の業界では6500Kの光で検査などが行われる場合が多いです。  ここでは、D65の光が必要な場合の照 ...

Adobe® Illustrator®のカラーマネジメント


Illustratorドキュメントのリンク画像の色 プロファイルとの関係

 Adobe® Illustrator®のドキュメントは、CMYKドキュメントでも、リンク画像としてRGB画像もCMYK画像も配置できます。  ドキュメント自体のカラープロファイルも指 ...


Illustratorからカラーマネジメントを利用してプリンター出力する方法

 プリンタープロファイルを正しく使用し、カラーマネジメントを利用してプリンター出力するのは意外とややこしいものです。  Adobe® Photoshop®よりAdobe® Il ...

写真のスキャニング


ネガフィルムやポジフィルムをスキャンしてデータ化する方法

 フィルムカメラで撮影し、店で現像したネガフィルムをスキャンしてデータ化したい方は多いのではないでしょうか。  しかし、自分でフィルムをスキャンしてキレイにデータ化するのは、プリント写真をデータ化する ...


プリントした紙焼き写真のスキャン 原稿と同じ色で取り込む設定方法(Epson Scanの例)

 プリントした紙焼き写真をスキャンするとき、スキャナードライバーに自動調整させずにできるだけ原稿の色のままスキャンするにはどうすればよいでしょうか。  スキャナープロファイルが自作できれば可能ですが、 ...

商品を正確な色で撮影


商品写真を簡易的に本来の色に近づける方法 カラーターゲットを使って

 最近は撮影所に依頼せず、自分で商品撮影をするケースも増えていると思います。  そういう場合、目印なしにカメラ任せで撮影すると、カメラが自動で調整や演出をしてくれます。その結果、商品の本来の色では撮影 ...


製品の色を測定する方法 〜商品の色を数値で管理できると便利〜

 仕事などで色にシビアな物を扱っている場合、色を測定したくなることもあるでしょう。  しかし、長さや重さなどと違い色は人の感覚も関係した量であり、色の測定の方法はあまり有名ではありません。  ここでは ...

カテゴリー一覧

カラーマネジメントの基本

 モニターやプリンター等をカラーマネジメントの仕組みに則って使用するための、実務上の基本的な事項に関する記事です。

カラーマネジメントの理屈

 カラーマネジメントの理屈や、カラーマネジメント技術の土台になっている色の理屈などに関する記事です。

カラーマネジメント関連機器

 モニターのキャリブレーション、プリンターのプロファイル作成などを行うためのカラーマネジメントツールを紹介している記事です。

カラーマネジメントツールの使い方

 モニターのキャリブレーション、プリンターのプロファイル作成など、カラーマネジメントに関連する作業を行うツール類の使い方などを紹介する記事です。

カラーマネジメント対応ソフトの操作

 Adobe® Photoshop®、Adobe® Illustrator®、Adobe® Acrobat®など、カラーマネジメント対応アプリケーションソフトのカラーマネジメントに関する操作を紹介した記事です。

カラーマネジメントでよくある疑問

 モニターやプリンター、オフセット印刷などをめぐるカラーマネジメントについて、よくある疑問についてのヒントなどを紹介した記事です。

ディスプレイとプリンターの色合わせ

 カラーマネジメントに関する知識を身に付けないまでも、モニター表示やインクジェットプリンターによる印刷をある程度問題なく行うための初歩的なノウハウを紹介した記事です。

商品写真の色の悩み

 商品を撮影して商品写真をモニターに表示する際、商品本来の色をできるだけ正確に再現するために必要な事項について紹介した記事です。

一般的な写真撮影

 旅行先でスナップ写真を撮影するときなど、私生活で気軽に写真を撮るときに役立つことを紹介した記事です。

色に関する基礎知識

 カラーマネジメント技術の土台になっている、色を数値的に扱う仕組みに関連した事項を紹介した記事です。

グレースケール・モノクロ画像の知識

 カラー画像とはまた別の知識が必要になる、グレースケール画像・モノクロ写真などを扱うために必要な知識などを紹介した記事です。

ディスプレイの便利な使い方

 カラーマネジメント関連以外で、パソコンのディスプレイを使うときに便利な事項を紹介した記事です。

不要になった電子機器の正しい処理

 写真やグラフィックを扱う作業で使用した機器類が壊れた時、法や国際ルールに則って適切に中古買取、リサイクル、処分を行うために役立つ情報を紹介した記事です。

Photoshopの使い方

 フォトレタッチのテクニックやオフセット印刷用のCMYK画像の作成など、Adobe® Photoshop®の使い方を紹介した記事です。

Photoshop Elementsの使い方

 Adobe® Photoshop® Elementstの使い方を紹介した記事です。

Lightroomの使い方

 Adobe® Photoshop® Lightroomの使い方を紹介した記事です。

GIMPの使い方

 GIMPの使い方を紹介した記事です。

デジカメ写真を自分で修正

 デジカメで撮影した写真を、家庭のパソコンを使って自分で修正したい場合に役立つ事項を紹介した記事です。

デジカメ写真を店でプリント

 デジカメの写真をプリントサービスの店でプリントする場合、ある程度思った通りの仕上がりになるために役立つ事項を紹介した記事です。

フォトレタッチ・写真編集の知識

 フォトレタッチ、写真編集を行う場合に必要な基礎知識に関連する事項を紹介した記事です。

写真を加工する

 デジカメの写真などを、パソコンを使って加工する方法を紹介した記事です。

画像データの知識

 オフセット印刷など各種出力条件に合わせた画像データの作り方、特色印刷用の画像データの作り方など、画像データを処理するために必要な知識などを紹介した記事です。

フォトレタッチ用のツール

 フォトレタッチを行う時に使用する機器やソフトについて紹介した記事です。

写真のスキャニング・データ化

 フィルムや印画紙、イラストなど、写真や紙原稿をスキャニングして画像データにするために必要な事項を紹介した記事です。

文書の電子化

 書籍や書類など、紙文書をスキャニングして電子化するために便利な事項を紹介した記事です。

プリンター用紙

 プリンター用紙を選ぶ時に必要な事項、具体的なプリンター用紙などを紹介した記事です。

印刷業界の話題

 印刷業界に関連した事項を紹介した記事です。

パソコン作業と健康

 職業としてパソコン作業に従事している人が、健康に働くために役立つノウハウなどを紹介した記事です。

子どもたちの人権

 子どもたちの人権が尊重される社会を作っていくために必要な事項に関する記事です。

社会科学の話題

 社会科学に関する記事です。

外出して心を休める

 毎日労働に励む私たち職業人が、休日に心身を休めるために便利な情報に関する記事です。

当事務所のサービス案内

 当事務所のインターネット店舗、お受けしている業務内容などを紹介した記事です。

© 2021 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜