カラーマネジメントの基本

カラーマネジメントの基本 カラーマネジメントでよくある疑問 Photoshopの使い方

2020/5/21

Photoshopのデータの色とモニター表示の色の関係

 ディスプレイは自分で色合いを変えたり、キャリブレーションしたりできます。  Adobe® Photoshop®のデータを見るとき、同じデータでもモニターの調整具合によってモニター上の色合いは変わります。  こうなると、Photoshopが示す色とモニターの調整具合が相まって、頭が混乱する方もいるでしょう。  ここでは、Photoshopのデータの色とモニター表示の色の関係はどうなっているかをご紹介します。 パソコンとPhotoshopではモニターと無関係に色が扱われる  Photosho ...

ReadMore

カラーマネジメントの基本

2020/5/21

液晶ペンタブレットをキャリブレーションする方法

 液晶ペンタブレットは液晶ディスプレイなので、キャリブレーションしたい場合が多いでしょう。  ところが、普通の液晶ディスプレイのキャリブレーションより一見分かりにくく感じます。  ここでは液晶ペンタブレットをキャリブレーションする方法をご紹介します。 ハードウェアキャリブレーションをする方法  カラーマネジメントモニターの場合、ディスプレイ自体で表示特性を調整できる作りになっており、専用ソフトを使えばハードウェアキャリブレーションができます。  液晶ペンタブレットでハードウェアキャリブレーションをするため ...

ReadMore

カラーマネジメントの基本 カラーマネジメントツールの使い方

2020/6/6

Macのディスプレイを正確に キャリブレーションツールで実用レベルになる

 iMacなど、Macのディスプレイを正確にキャリブレーションしたいとお思いの方は多いのではないでしょうか。  Macのディスプレイは品質がある程度高いので、調整さえ行えば実用に耐える精度の正確な表示ができます。  ここではMacのディスプレイのキャリブレーションの方法についてご紹介します。 はじめに もし電子機器を購入する場合は社会的責任を果たしている会社の製品を選ぶ  Macのカラーマネジメントを行うため、必要な電子機器を購入する場合もあるでしょう。  モニターにせよ、他の機器にせよ、電子機器に使用さ ...

ReadMore

カラーマネジメントの基本 商品写真の色の悩み

2020/7/27

DP1など、そのままでは色が良くないカメラはカメラプロファイルを使うと楽

 SIGMA®のDP1などは、撮影したままだと色があまり良くありません。そのためRAW現像するのも手間がかかります。  そういう場合は、カメラプロファイルを作って適用するととても現像作業が楽になります。 SIGMA®のカメラ「DP1」の写真に自作のカメラプロファイルを適用してみる  SIGMA®のDP1で撮影し、Adobe® Photoshop®のプラグインのCamera Rawの初期設定で現像すると下図のようになりました。 Camera Rawの初期設定で書き出し ...

ReadMore

もっと見る

カラーマネジメントツールの使い方

カラーマネジメントツールの使い方

2020/7/27

i1 Display Proでスマホのキャリブレーションをする方法

 i1Display Proと、無料のソフトColorTRUEを使用してモバイル機器をキャリブレーションできます。  ここでは、i1Display Proを使ってスマートフォンのキャリブレーションをする具体的な手順をご紹介します。 測色器「i1Display Pro」とソフト「ColorTRUE」でスマホのキャリブレーションができる  i1Display Proと、「ColorTRUE」というソフトを使用することでスマホなどモバイル機器の画面のキャリブレーションができます。 X-Rite®のウェブ ...

ReadMore

カラーマネジメントツールの使い方

2020/7/16

ColorMunki Photoでモニターキャリブレーションをする方法 簡易モードで

 ColorMunki Photo(カラーモンキーフォト)はプリンターのカラーマネジメントが行えるツールです。  プリンターをカラーマネジメントして使うとき、たいていはモニタもキャリブレーションしないと一連の作業が行えません。  そのためColorMunki Photoにはモニターキャリブレーションの機能もあります。  ここではColorMunki Photoで簡易モードのモニターキャリブレーションを行ってみます。 ColorMunki Photoでモニターキャリブレーションもできる  ColorMunk ...

ReadMore

カラーマネジメントツールの使い方

2020/7/27

ColorMunki Displayでスマホをキャリブレーションする方法

 ColorMunki® Displayと、無料のソフトColorTRUEを使用してモバイル機器をキャリブレーションできます。  ここでは、ColorMunki Displayを使ってスマートフォンのキャリブレーションをする具体的な手順をご紹介します。 測色器ColorMunki DisplayとソフトColorTRUEを使用してスマホのキャリブレーションをする  ColorMunki Displayと、無料ソフトColorTRUEを使用して、スマホなどモバイル機器のディスプレイのキャリブレーショ ...

ReadMore

カラーマネジメントツールの使い方 カラーマネジメント対応ソフトの操作

2019/11/11

商品写真の色を、商品の実物の色と合わせる作業の手順

 商品写真の色を、実際の商品の色と同じ色になるよう合わせ込みたいケースは結構多いのではないでしょうか。  こういった作業は、一般的な写真の演出のようにクリエイティブな作業とは別の、色を理屈に沿って機械的に扱う技能が必要になります。  ここでは、商品写真の色を、商品の実物の色と合わせるための手順の一例をご紹介します。 色が重要な要素となる商品  様々な商品の中でも、複数のカラーバリエーションがあるなど、色が極めて重要な要素となる商品もあります。  そういった商品の場合、商品写真と実際の商品の色の差が顧客満足 ...

ReadMore

もっと見る

カラーマネジメントの対応ソフトの操作

カラーマネジメント対応ソフトの操作

2019/11/13

「知覚的」「相対的な色域を維持」どちらを選べば良いか プロファイル変換やプリント設定において

 写真等のデータをプロファイル変換するとき、マッチング方法を選びます。  印刷するときのプリント設定でも、マッチング方法を選びます。  このとき、「知覚的」「相対的な色域を維持」などのうちどれを選べば良いか迷う方も多いのではないでしょうか。  ここでは、プロファイル変換におけるマッチング方法の選び方をご紹介します。 マッチング方法を選ぶ必要のある場合の例  写真やグラフィックなどを扱うとき、例えば以下のような場合にマッチング方法を選ぶ必要が出てきます。 RGBからCMYKなどにプロファイル変換するとき   ...

ReadMore

カラーマネジメント対応ソフトの操作 Photoshopの使い方

2019/11/12

PhotoshopはAdobeRGBと決まっているわけではない

 たまに、一般的なソフトはsRGBだがPhotoshopはAdobeRGB、という話がされている場面があります。  実際はそうとは限りません。  ここではAdobe® Photoshop®が扱う色空間はAdobeRGBとは限らないことをご紹介します。 Photoshopの作業用カラースペースはカラー設定で決める 自分の作業の都合に合わせて作業用の色空間を設定する  Photoshopの作業用の色空間はカラー設定で決めることができます。 Photoshopのカラー設定の画面  Photosh ...

ReadMore

カラーマネジメント対応ソフトの操作 Photoshopの使い方 画像データの知識

2020/7/3

Adobe® Stockの写真素材を開く時、プロファイルはどう扱うべきか

 Adobe® Stockで写真素材を購入するケースは多いでしょう。  Adobe Stockの写真を開いてみると、色が正常に表示されない場合が結構あります。  ここではAdobe Stockで購入した写真のデータを使う時、画像のプロファイルをどう扱うと良いかをみてみます。 Adobe Stockで購入した写真の画像データのプロファイルを見てみる  Adobe Stockで購入した写真の画像データのプロファイルはどうなっているのかをみてみます。 sRGB埋め込みの画像データが結構ある  Adobe ...

ReadMore

もっと見る

カラーマネジメントでよくある疑問

カラーマネジメントでよくある疑問

2020/6/18

モニターの輝度は何を基準に調整するべきか キャリブレーションの輝度目標の決め方

 モニターのキャリブレーションでは、輝度、白色点の色など、目標を自分で決めます。  このとき、何を基準に目標を決めれば良いか迷うことも多いのではないでしょうか。  ここでは、モニターキャリブレーションにおける輝度の目標の決め方をご紹介します。 ディスプレイの輝度は、紙やウェブブラウザなど、最終出力の明るさに合わせると良い  ディスプレイの輝度は、紙やウェブブラウザなど、パソコンで扱う写真・グラフィック等の最終出力の明るさに合わせるのが適切です。 明るさが同じくらいの方が同じ色に見える  プリント写真であれ ...

ReadMore

カラーマネジメント対応ソフトの操作 カラーマネジメントでよくある疑問

2019/11/14

スクリーンキャプチャー画像を色を変えずWEB掲載・印刷する方法

 操作画面やウェブページなどをスクリーンキャプチャーした画像を、WEBに掲載したり印刷したりすると色が変わることがあります。  画面で見たときと同じ色のまま扱うには色の変換が必要です。  ここではスクリーンキャプチャー画像を色を変えずにWEB掲載や印刷をするための、色の変換方法をご説明します。 スクリーンキャブチャー画像を単純に扱うと色が変わる スクリーンショットを保存してみる  パソコン画面に何かを表示して、スクリーンショットを保存します。  この結果、画面に表示されているRGB値そのままの画像に、ディ ...

ReadMore

カラーマネジメントでよくある疑問

2019/11/18

プリンター付属のプリンタープロファイルでは対応できなケースの例

 ディスプレイは自分でキャリブレーションしてディスプレイプロファイルを作ったりします。  一方、プリンターはプリンター付属のプリンタープロファイルを使うことがほとんどで、自作する機会が少ないです。  ここでは、プリンター付属のプリンタープロファイルでは対応できないケースにはどのようなものがあるかご紹介します。 ディスプレイやプリンターは、専用のデバイスプロファイルを使ってカラーマネジメントする  ディスプレイやプリンターをカラーマネジメントするためには、表示される色や印刷される色の特性を記録したデバイスプ ...

ReadMore

もっと見る

特設ページ

カラーマネジメントにおける照明


色を扱う事務所の天井の照明を、色評価用の高演色LEDに変えるには

 写真やグラフィックデザインの仕事をしたり、色が重要な商品を扱う場合などは、色を正確に見る必要があります。  家庭用と違い、事務所の天井照明に使える高演色LED照明は色々な会社で製造されています。   ...


D65の光で作業したい 6500Kの色比較・検査用高演色蛍光ランプ

 印刷関連業界では、多くの場合色評価用の照明に5000Kの高演色照明を使用します。  一方、それ以外の業界では6500Kの光で検査などが行われる場合が多いです。  ここでは、D65の光が必要な場合の照 ...

Adobe® Illustrator®のカラーマネジメント


Illustratorドキュメントのリンク画像の色 プロファイルとの関係

 Adobe® Illustrator®のドキュメントは、CMYKドキュメントでも、リンク画像としてRGB画像もCMYK画像も配置できます。  ドキュメント自体のカラープロファイルも指 ...


Illustratorからカラーマネジメントを利用してプリンター出力する方法

 プリンタープロファイルを正しく使用し、カラーマネジメントを利用してプリンター出力するのは意外とややこしいものです。  Adobe® Photoshop®よりAdobe® Il ...

写真のスキャニング


ネガフィルムやポジフィルムをスキャンしてデータ化する方法

 フィルムカメラで撮影し、店で現像したネガフィルムをスキャンしてデータ化したい方は多いのではないでしょうか。  しかし、自分でフィルムをスキャンしてキレイにデータ化するのは、プリント写真をデータ化する ...


プリントした紙焼き写真のスキャン 原稿と同じ色で取り込む設定方法(Epson Scanの例)

 プリントした紙焼き写真をスキャンするとき、スキャナードライバーに自動調整させずにできるだけ原稿の色のままスキャンするにはどうすればよいでしょうか。  スキャナープロファイルが自作できれば可能ですが、 ...

商品を正確な色で撮影


商品写真を簡易的に本来の色に近づける方法 カラーターゲットを使って

 最近は撮影所に依頼せず、自分で商品撮影をするケースも増えていると思います。  そういう場合、目印なしにカメラ任せで撮影すると、カメラが自動で調整や演出をしてくれます。その結果、商品の本来の色では撮影 ...


製品の色を測定する方法 〜商品の色を数値で管理できると便利〜

 仕事などで色にシビアな物を扱っている場合、色を測定したくなることもあるでしょう。  しかし、長さや重さなどと違い色は人の感覚も関係した量であり、色の測定の方法はあまり有名ではありません。  ここでは ...

カテゴリー一覧

カラーマネジメントの基本

 モニターやプリンター等をカラーマネジメントの仕組みに則って使用するための、実務上の基本的な事項に関する記事です。

カラーマネジメントの理屈

 カラーマネジメントの理屈や、カラーマネジメント技術の土台になっている色の理屈などに関する記事です。

カラーマネジメント関連機器

 モニターのキャリブレーション、プリンターのプロファイル作成などを行うためのカラーマネジメントツールを紹介している記事です。

カラーマネジメントツールの使い方

 モニターのキャリブレーション、プリンターのプロファイル作成など、カラーマネジメントに関連する作業を行うツール類の使い方などを紹介する記事です。

カラーマネジメント対応ソフトの操作

 Adobe® Photoshop®、Adobe® Illustrator®、Adobe® Acrobat®など、カラーマネジメント対応アプリケーションソフトのカラーマネジメントに関する操作を紹介した記事です。

カラーマネジメントでよくある疑問

 モニターやプリンター、オフセット印刷などをめぐるカラーマネジメントについて、よくある疑問についてのヒントなどを紹介した記事です。

ディスプレイとプリンターの色合わせ

 カラーマネジメントに関する知識を身に付けないまでも、モニター表示やインクジェットプリンターによる印刷をある程度問題なく行うための初歩的なノウハウを紹介した記事です。

商品写真の色の悩み

 商品を撮影して商品写真をモニターに表示する際、商品本来の色をできるだけ正確に再現するために必要な事項について紹介した記事です。

一般的な写真撮影

 旅行先でスナップ写真を撮影するときなど、私生活で気軽に写真を撮るときに役立つことを紹介した記事です。

色に関する基礎知識

 カラーマネジメント技術の土台になっている、色を数値的に扱う仕組みに関連した事項を紹介した記事です。

グレースケール・モノクロ画像の知識

 カラー画像とはまた別の知識が必要になる、グレースケール画像・モノクロ写真などを扱うために必要な知識などを紹介した記事です。

ディスプレイの便利な使い方

 カラーマネジメント関連以外で、パソコンのディスプレイを使うときに便利な事項を紹介した記事です。

不要になった電子機器の正しい処理

 写真やグラフィックを扱う作業で使用した機器類が壊れた時、法や国際ルールに則って適切に中古買取、リサイクル、処分を行うために役立つ情報を紹介した記事です。

Photoshopの使い方

 フォトレタッチのテクニックやオフセット印刷用のCMYK画像の作成など、Adobe® Photoshop®の使い方を紹介した記事です。

Photoshop Elementsの使い方

 Adobe® Photoshop® Elementstの使い方を紹介した記事です。

Lightroomの使い方

 Adobe® Photoshop® Lightroomの使い方を紹介した記事です。

GIMPの使い方

 GIMPの使い方を紹介した記事です。

デジカメ写真を自分で修正

 デジカメで撮影した写真を、家庭のパソコンを使って自分で修正したい場合に役立つ事項を紹介した記事です。

デジカメ写真を店でプリント

 デジカメの写真をプリントサービスの店でプリントする場合、ある程度思った通りの仕上がりになるために役立つ事項を紹介した記事です。

フォトレタッチ・写真編集の知識

 フォトレタッチ、写真編集を行う場合に必要な基礎知識に関連する事項を紹介した記事です。

写真を加工する

 デジカメの写真などを、パソコンを使って加工する方法を紹介した記事です。

画像データの知識

 オフセット印刷など各種出力条件に合わせた画像データの作り方、特色印刷用の画像データの作り方など、画像データを処理するために必要な知識などを紹介した記事です。

フォトレタッチ用のツール

 フォトレタッチを行う時に使用する機器やソフトについて紹介した記事です。

写真のスキャニング・データ化

 フィルムや印画紙、イラストなど、写真や紙原稿をスキャニングして画像データにするために必要な事項を紹介した記事です。

文書の電子化

 書籍や書類など、紙文書をスキャニングして電子化するために便利な事項を紹介した記事です。

プリンター用紙

 プリンター用紙を選ぶ時に必要な事項、具体的なプリンター用紙などを紹介した記事です。

印刷業界の話題

 印刷業界に関連した事項を紹介した記事です。

パソコン作業と健康

 職業としてパソコン作業に従事している人が、健康に働くために役立つノウハウなどを紹介した記事です。

子どもたちの人権

 子どもたちの人権が尊重される社会を作っていくために必要な事項に関する記事です。

社会科学の話題

 社会科学に関する記事です。

外出して心を休める

 毎日労働に励む私たち職業人が、休日に心身を休めるために便利な情報に関する記事です。

当事務所のサービス案内

 当事務所のインターネット店舗、お受けしている業務内容などを紹介した記事です。

消費税・複数税率・インボイス制度

 消費税10%と複数税率に伴って導入されるインボイス制度の影響で、かなりの数の中小業者が廃業に追い込まれることが予想されています。
 以下は当事務所加盟の商工会が制作した、消費税と国の財政に関する説明動画です。

「財源ならある!5%減税で景気回復」消費税学習動画

消費税5%へ引下、複数税率・インボイスの廃止求める請願」署名も全国で実施中です。

© 2020 カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜