カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜

カラーマネジメント、フォトレタッチ、画像関連の知識、Photoshopやカラーマネジメントツールの具体的な操作やテクニックなどを紹介するブログです。

画像データのサイズ・解像度の変更の方法 〜pixel、mm、dpi〜

      2017/02/24

eyecatch_resize

 写真に最適なシャープネス処理をするには、画像データのサイズ変更が必要です。
 写真をウェブにアップするとき、画像サイズを変更したいときもあるでしょう。

 画像データのサイズはpx、mmなど何種類も表記があり、解像度が変わると寸法の表記が変わったりするので、基本を知らないと適切なサイズ変更ができません。

 ここでは画像データのサイズ変更の方法をご説明します。

画像の絶対的なサイズについて

 画像のサイズは、ピクセルで表されたり、mmで表されたり、解像度を変更するとサイズの変わったりするので、頭が混乱します。

ピクセル表記のサイズが絶対的なサイズ

 混乱しないために肝心な点は、画像の絶対的なサイズはピクセルで表したサイズ、であるということです。

 通常の画像データはピクセルの集まりです。1個1個のピクセルに大きさは決まっていません。一個一個のピクセルを針の先ほど小さく出力しようと折り紙くらい大きく出力しようと、出力する人の自由です。
 例えば、縦2px横2pxの画像があったとします。1pxを1mm四方で出力した人がいれば出力結果は縦2mm横2mmです。一方、1pxを50cm四方で出力した人がいれば出力結果は縦1メートル横1メートルです。

 縦425px、横639pxの画像データは、解像度が350dpiでも72dpiでも横120cmでも縦19mmでも、画像の絶対的なサイズはあくまで縦425px、横639pxで、同じです。

ピクセル以外の表記のサイズが相対的なサイズ

 ピクセルで表されたサイズ以外の、cmやmmやインチなどで表されているサイズは、絶対的な画像サイズと、設定されている解像度の関係から計算される相対的なサイズです。
Macの「情報」に表示されたピクセル表示の画像サイズ

Macの「情報」に表示されたピクセル表示の画像サイズ

Windowsの「プロパティ」で画像サイズを確認

Windowsの「プロパティ」で画像サイズを確認

Windowsの「ペイント」で画像サイズを確認

Windowsの「ペイント」で画像サイズを確認

Macの「プレビュー」の「インスペクタを表示」に表示されたピクセル表示の画像サイズ

Macの「プレビュー」の「インスペクタを表示」に表示されたピクセル表示の画像サイズ

Macの「プレビュー」の「サイズを調整」に表示されたピクセル表示の画像サイズ

Macの「プレビュー」の「サイズを調整」に表示されたピクセル表示の画像サイズ

Photoshopの「画像解像度」に表示されたピクセル表示の画像サイズ

Photoshopの「画像解像度」に表示されたピクセル表示の画像サイズ

写真のサイズ変更の手順

 画像の絶対的なサイズはピクセルで表されたサイズであることが分かりましたので、画像のサイズの変更の手順は以下の順で考えると分かりやすいです。

(1)解像度を決める

 自宅のプリンターで出力する、または店舗のデジカメプリントに依頼するなら例えば200dpiと決めます。印刷会社へ入稿するなら例えば350dpiと決めます。ウェブサイトに使用するなら解像度は無視でよい、とりあえず72dpiにしておく、と決めます。

(2)画像の解像度を上記で決めた解像度に設定する(ピクセルで表われた絶対的なサイズはそのままで)

 画像の絶対的なサイズであるピクセルで表されたサイズは維持したまま、解像度の設定だけ変更します。それに伴って「mm」などで表された相対的な寸法は変化しますが、気にせず進みます。

(3)画像の絶対的なサイズを変更する

 解像度は用途に合わせて先ほど決めた解像度に固定したまま、「mm」などで表された相対的なサイズが使用したいサイズになるように画像の絶対的なサイズを変更します。
 この段階で初めて画像本体に処理が加わります。

具体的な操作の手順

例として、解像度200dpi、幅127mmで出力したい場合

Macの「プレビュー」

Macの「プレビュー」で、画像の絶対的サイズは変更せず、解像度200ppiに設定します。

Macの「プレビュー」で、画像の絶対的サイズは変更せず、解像度200ppiに設定します。

「イメージを再サンプル」は言わば「画像の絶対的なサイズを変更する」という意味です。

Macの「プレビュー」で、解像度は200ppiに固定したまま、出力サイズ127mmに設定します。

Macの「プレビュー」で、解像度は200ppiに固定したまま、出力サイズ127mmに設定します。

Photoshop

Photoshopで、画像の絶対的サイズは変更せず、解像度200ppiに設定します。

Photoshopで、画像の絶対的サイズは変更せず、解像度200ppiに設定します。

「再サンプル」は言わば「画像の絶対的なサイズを変更する」という意味です。

Photoshopで解像度200ppiに固定したまま、出力サイズ127mmに設定します。

Photoshopで解像度200ppiに固定したまま、出力サイズ127mmに設定します。

Windowsの「Microsoft Photo Editor」

最近のWindowsはよく分かりませんが、昔のWindowsを使っていたとき、入っていないときもありますが気づくとこのソフトが入っていることもよくあったので、このソフトで説明します。

(1)表示 > 使用する単位  で単位を「インチ」にします。

(2)ファイル > プロパティ  で解像度を200ピクセル/インチ に設定します。
解像度を200ピクセル/インチに設定します。

解像度を200ピクセル/インチに設定します。

(3)イメージ > サイズ変更  で単位をセンチ、幅を12.7にします。
単位をセンチ、幅を12.7に設定します。

単位をセンチ、幅を12.7に設定します。

(4)ファイル > プロパティ  を確認すると、ピクセルで表された画像の絶対的なサイズが変更されています。
プロパティで画像の絶対的なサイズが変更されていることを確認します。

プロパティで画像の絶対的なサイズが変更されていることを確認します。

画像編集ソフト

当ブログ参考記事

 - 画像データの知識 , , ,