カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜

カラーマネジメント、フォトレタッチ、画像関連の知識、Photoshopやカラーマネジメントツールの具体的な操作やテクニックなどを紹介するブログです。

プリントされた紙焼き写真をスキャンしてデータ化する方法

      2017/04/27

scanner

 フィルムカメラで撮影し、写真屋で同時プリントした紙焼き写真をスキャンしてデータ化したい方は多いのではないでしょうか。

 しかし、自分でスキャンしてキレイにデータ化するのは結構難しいものです。

 ここでは、自分でスキャンする場合の手順などをまとめてみます。

予備知識 スキャニングの仕方について

フィルムは完成していない写真、と言える

 フィルムに焼き付けられた写真は、よほど撮影が上手な人でない限りは、レンジや明るさ・コントラストなどの調節が不十分な写真です。

プリントされた紙焼き写真は完成した写真

 同時プリントのサービスなどでプリントした紙焼き写真は、フィルムからプリントするときに店の技能者がレンジや明るさ・コントラストなどを調整しているので、きれいに仕上げられた完成した写真です。

理想は、プリントされた紙焼き写真の仕上がりそのままにスキャニングしたい

 プリントされた紙焼き写真はプロが調整してプリントした完成した写真なので、スキャニングはこの完成した仕上がり状態そのままで行うのが理想的です。

現実的には、プリントされた紙焼き写真の仕上がりそのままにスキャニングするのは難しい

 プリントされた紙焼き写真の仕上がりそのままにスキャニングするためには、カラーマネジメントの仕組みに則ってスキャニング作業を行う必要があります。

 カラーマネジメントの仕組みに則ったスキャニングのためには、お手持ちのスキャナー専用のカラープロファイルを作成する必要があります。
 しかし、スキャナーのプロファイルを作成するための道具はかなり高価で、個人で買うのはおすすめできません。

 よって、プリントされた紙焼き写真の仕上がりそのままにスキャニングするのは現実的には難しいです。

スキャナーのドライバーに任せてスキャニングするのが現実的

 スキャナーにはスキャナーのドライバーやユーティリティーソフトが付いていて、それらのソフトが画像データをある程度綺麗に処理してくれます。

 プリントされた紙焼き写真の仕上がりそのままの画像データは出来上がりませんが、ドライバーソフトなりに適正と思える画像に仕上げてくれます。

 よって、スキャナーのドライバーソフトにまかせてスキャニングをすることをおすすめします

プリントされた紙焼き写真のスキャニングの具体的な手順

 ここから、具体的なスキャニングの手順を説明していきます。

 なお、この記事内ではEPSON®のスキャナーのドライバーソフトを例として説明します。どのメーカーもソフトの中身はある程度似ていますので、他のメーカーのスキャナーをお持ちの方は、ご自分のスキャナーのドライバーソフトに置き換えてお読みください。

原稿のセット

 スキャナーのガラスと原稿を布などで拭きます。見た目にホコリが見えなくても、スキャンした画像上ではゴミが大量に見えることがよくあるので、面倒ですが絶対拭いたほうがいいです。

 拭いたら原稿をセットします。

 スキャニング可能な範囲内に、並べられるだけ並べます。A4サイズのスキャナーならL判3枚ほどしか並びません。
 原稿どうしをくっつけてしまうとスキャナーのドライバーソフトが写真1枚ずつをきちんと認識できなくなるので、原稿と原稿の間は隙間を開けます。

スキャナーに原稿を並ぶだけ並べる

スキャナーに原稿を並ぶだけ並べる

 原稿の方向は気にしなくても大丈夫です。プレビュー時に方向を直せます。

※もし当店にスキャン済みデータの処理をご依頼いただける場合は、方向は全く気にしなくて結構です。当店での画像処理の際に方向も修正します。

プレビュー

操作 プレビューボタンを押してプレビューをスタートします。

プレビューボタンを押す。

プレビューボタンを押す。

 プレビュー画面が表示されます。

操作 もし下図のようなサムネイル表示になっていなかったら「サムネイル」をクリックします。

プレビュー画面

プレビュー画面

操作 逆さまになったりしている写真があれば、その写真をクリックして選択し、90度傾けるボタンを押して方向を修正します。
 黒い太枠で囲まれた状態の写真が選択されている写真です。

※もしスキャン済みの写真データの処理を当店にご依頼いただける場合、写真の方向はそのままで結構です。すべて当店で修正させていただきます。

scan_preview3

プレビュー画面で写真の向きを修正

スキャニング設定

 ここではスキャナーのドライバーとユーティリティーソフトで基本的なスキャニングと画像処理をする想定で説明します。

原稿

 ここではL判(89×127mm)のプリント写真をスキャンすると仮定します。

使用するスキャナー

 スキャナーは色々ありますが、今ご自宅にあるスキャナーを使用するとします。

スキャン設定

 スキャナーのユーティリティーソフトでスキャニング方法の設定をします。スキャニング時の設定は、以下のようにすると無難です。
(設定画面はEPSONのスキャナーのユーティリティーソフトの例です)

設定 まず、「全自動モード」「ホームモード」「プロフェッショナルモード」などを選べる場合、「ホームモード」を選ぶと無難です。

スキャニング設定画面(EPSON Scanの例)

スキャニング設定画面(EPSON Scanの例)

設定 原稿の種類: プリント写真(「プリント写真」がなければ「反射原稿」など)
 ※普通の写真をスキャンするか、フィルムをスキャンするか、文字だけの書類をスキャンするか、などを選ぶ設定です。普通のカラー写真をスキャンするので「プリント写真」を選びます。

設定 イメージタイプ: カラー
 ※原稿をカラーでスキャンするかグレースケールでスキャンするか線画としてスキャンするかの設定です。カラー写真をスキャンするので「カラー」を選びます。

設定 出力設定: プリンター を選びます。
 ※この設定に従ってユーティリティーソフトがスキャン解像度を自動的に設定します。ご自宅のプリンターで印刷するにも店でプリントするにも「プリンター」を選んでおけば問題ありません。

設定 出力サイズ: スキャン後のデータをプリンターで印刷する場合どのくらいのサイズで出力したいか選びます。

説明一般的なデジカメで撮影した画像と同じくらいのサイズのデータにしたい場合はA3判程度のサイズを選ぶ必要があります。しかし、業務用スキャナーと違い家庭用スキャナーの場合そのくらいの高い解像度でスキャンすると非常に取り込み時間がかかり、多くの枚数をスキャンする場合は現実的ではありません。

 よって、基本的には「L判」を選んでデータ化し、大きくプリントしたい写真があるときだけあらためて「A3判」などでスキャンするのが良いと思われます。

 ※サイズの欄をクリックしても選べなければ、一度プレビューして、スキャンする範囲を確定すると選べるようになります。

設定 解像度: 実際の読み取り解像度は「出力設定」「出力サイズ」の設定で自動的に計算されるのでそのままでいいです。

設定 画質調整:
 ・モアレ除去:光沢なら不要です。絹目の写真なら試しに入れてスキャンしてみて、出来栄えがいいなら入れます。
 ・逆光補正:チェックを外した方がいいです。
 ・ホコリ除去:お好み次第でチェックします。
 ・退色復元:チェックを外した方がいいです。

説明スキャン結果の画像データを画像編集ソフトできれいに処理する場合は上記のようにあまりチェックをいれない方がいいです。チェックを入れるほど加工されて情報が減るので、画像編集ソフトで操作できる余地が少なくなるからです。
 一方、スキャンしてできた写真データを画像処理せずそのまま使うなら、逆光や退色などの項目もチェックしてみても良いと思います。

設定 明るさ調整: 何もしない方がいいです。
 ※店でプリントした紙焼き写真の場合、店でプリントする際に明るさ・コントラストが最適に調整されているので何もしない方がいいです。

スキャニング設定画面 明るさ調整(EPSON Scanの例)

スキャニング設定画面 明るさ調整(EPSON Scanの例)

設定 色補正: 「環境設定」などどこかに色補正に関する設定があるので、「ドライバーによる色補正」を選びます。設定値は初期設定値でいいです。

スキャニング設定画面 色補正(EPSON Scanの例)

スキャニング設定画面 色補正(EPSON Scanの例)

設定 保存ファイルの設定:
 ・データ保存後に加工をしないといい写真にならないので、データの保存形式の設定はのちに加工を加えることを考え、TIFが無難です。
 ※JPEGで保存してしまうと、後でデータを開いて加工後に保存することで劣化してしまいます。

 ※後処理はせず、スキャンしっぱなしで完成とする、という場合は容量節約にJPGというのも選択肢の一つです。

scan_tif_save_setting

TIFの圧縮方法などの設定

設定 ICCプロファイル埋め込み: ONにします。

スキャニング設定画面 保存形式(EPSON Scanの例)

スキャニング設定画面 保存形式(EPSON Scanの例)

スキャン

操作 プレビュー画面のサムネイルで、スキャンする写真すべてのチェックボックスにチェックを入れます。

scan_select

スキャンする写真すべてにチェックを入れる

操作 スキャンボタンを押してスキャニングスタートします。

 これでカラープロファイルが埋め込まれたTIF画像が完成します。カラープロファイルが埋め込まれていることにより色が確定しています。

とりあえず完成

 ここまでの操作で、スキャナーのドライバー、ユーティリティーソフトおまかせによるスキャニグ済み写真データは完成です。

スキャナーのドライバー、ユーティリティーソフトおまかせのスキャニングによる写真データは完成した仕上がりの写真とは言えない

 スキャナードライバー、スキャナーのユーティリティーソフトの能力だけではきれいな写真になりません。

自宅でスキャンしただけの写真データと店でプリントした写真の違い

 ネガフィルムを店に同時プリントに出して出来上がる写真や、デジカメで撮影したデータを店でプリントして出来上がる写真は、店で技能者が仕上がりを確認して少し調整したりしています。
 一方、今お手持ちのスキャナーでスキャンした写真は、スキャン元の原稿は店で仕上げたプリントだとしても、スキャン後にパソコンのソフトが自動処理で仕上げたものです。
 自動処理と、店の技能者が調整するのでは仕上がりに当然差があるのです。

スキャナーユーティリティーソフトの自動処理以上の仕上がりにするには

 お手元のスキャンーユーティリティーソフトの自動処理だけの写真データを、フィルムを店でプリントしたようにきれいな写真に仕上げるには、スキャンしたデータを開いて手動で調整を加える必要があります。
 この、手動で加える調整が、フィルムやデジカメのデータを店にプリントに出したときに店で行っている調整と似た位置づけの作業になります。

写真データの調整

手動による写真データの調整

 スキャン後の写真データの調整では、最低限以下の調整が必要です。

  1. レンジの調整
  2. 色かぶりをとる

 ご自分で行う場合、Adobe® Photoshop® Elementsか、Corel® PaintShop Proなどの画像編集ソフトを使用して行います。

画像編集ソフトの例

ご自分での処理が難しい、または時間がない場合

 これらの処理は、画像処理ソフトがあり、なおかつ画像処理に慣れていないと難しいです。特に色かぶりを取り去る作業はモニタープルーフ環境も必要であり写真を目でみて何色がかぶっているか感じ取れる必要があります。

 また、この処理はけっこう時間がかかります。たくさん写真をスキャンした場合、スキャン後の画像処理を休日だけで行うのは難しいかもしれません。

 ご自分での作業が困難な場合は当事務所のレタッチサービスにご依頼ください。

プリントした紙焼き写真を大量にスキャンする場合 現実的な方法

 プリントした紙焼き写真を若干の量をスキャニングするなら以上の説明の要領で行うことができます。

 一方、今までに撮りためた大量の写真をスキャンしたいという場合があると思います。
 その場合、自分で行うとかなりの時間がかかります。
 試しに27枚か36枚くらいスキャンしてみて、1枚あたり何分かかるか計算し、その時間から撮りためてある写真をすべてスキャンした場合の時間を計算してみます。

 そうすると、かなり非現実的なほど長い時間がかかってしまうことが分かるのではないでしょうか。

 よって、大量スキャンを行う必要がある場合は、写真のスキャニングを行っている店に依頼するのが現実的な方法です。

写真スキャニングサービスの例

プリントした紙焼き写真をスキャンする場合

写真フィルムをスキャンする場合

 以上、プリントされた紙焼き写真をスキャンしてデータ化する方法をご紹介しました。

当ブログ参考記事

amazon.co.jp


ムック

 - 写真のスキャニング・データ化 , , , , , ,