カラーマネジメント実践ブログ 〜フォトレタッチの現場から〜

カラーマネジメント、フォトレタッチ、画像関連の知識、Photoshopやカラーマネジメントツールの具体的な操作やテクニックなどを紹介するブログです。

便利な画像保存形式 画質を劣化させずかつ軽いデータにする

      2017/05/30

computer-767781_640

 フォトレタッチなどを一通り施したとき、画像統合して画質劣化のないファイル形式で完成したデータとして一旦保管することが多いと思います。その後JPGやEPSなど必要なデータ形式に変換して次の部署へ渡すことが多いでしょう。

 このときPSDや無圧縮のTIF等で保管すると容量が大きく場所をとって不便です。

 画像データを、画質を劣化させず、なおかつデータの容量を小さくして保存するにはどうすればよいでしょうか。

色々な画像形式で保存したときの画質、容量

JPG

 これは有名な話ですが、画像データをJPGなどの非可逆圧縮の形式で保存してしまうと、容量は小さくできますが画質が劣化してしまいます。できるだけ圧縮率を下げても、やはり何回か保存を繰り返していると見てわかるレベルの劣化が起こります。

PNG

 この形式なら画像の劣化なく保存できますが、けっこう容量が大きいです。

EPS

 EPSで画像を保存する場合、エンコーディングの方法によって劣化の仕方やデータの大きさが変わります。

エンコーディング:ASCII85

 この形式なら画像の劣化なく保存できますが、けっこう容量が大きいです。

エンコーディング:JPEG最高画質

 画像をEPS保存する場合は「エンコーディングをJPEG最高画質で」と以前よく人々が言っていましたが、エンコーディングをJPEGにすると画質は劣化します。
 JPEG最高画質なら見て判断できないほど少ししか劣化しない、とは言いますが、4、5回くらい上書き保存すると見てわかるくらい劣化してきます。
 よって、EPSで保存するときはとにもかくにもエンコーディング:JPEG最高画質で保存すれば良いというわけではありません。エンコーディング:JPEG最高画質で保存するのは、最終出力を行うデータとして画像を保存する段階です。まだ編集段階でエンコーディング:JPEG最高画質で保存するというのは、特別な理由がなければやらないほうが良いです。

PSD

 この形式なら画像の劣化なく保存できます。しかし、圧縮も少しはされますが、それほど軽くはならないです。

TIF

 TIFは、保存時の画像圧縮の種類によって劣化の仕方やデータの大きさが変わってきます。

画像圧縮なし

 この形式なら画像の劣化なく保存できますが、データの容量が大きいです。

画像圧縮:JPEG

 この形式は、画像が劣化します。また、JPEG圧縮したTIFだと対応していないソフトや機器がたくさんあるので、不便です。

画像圧縮:LZW

 この形式は画像の劣化なく保存でき、かつかなりデータの容量が小さくなります。
 対応していないソフトや機器も少しはありますが、趣味や仕事で画像を扱う中で使用するソフト・機器のほとんどが対応しており、不便を感じるほどではありません。
 CMYKやRGB画像でなく、モノクロ2階調のデータならさらに劇的にデータの容量が小さくなります。

完成品はLZW圧縮のTIFで保存しておくと良い

 結論として、画像データを劣化なくかつデータ容量を小さく保存したい場合、特別支障がなければLZW圧縮のTIFで保存しておくと無難です。

 以上、画像データを、画質を劣化させずなおかつデータの容量を小さくして保存するにはどうすればよいか述べました。

当ブログ参考記事

当事務所の色調補正、フォトレタッチサービス

 D50の照明下で商品の実物と商品写真の色を合わせる作業を承っております。ご相談いただけると幸いです。

Photoshopの本

画像に関する本

 - 画像データの知識 , , , , , , ,